オーディオ機器の処分方法7選と費用!古いステレオおすすめの捨て方

オーディオ機器の処分を考えておられる方に、7つの処分方法をご紹介します。

オーディオ機器と一言で言っても、種類も大きさもさまざまです。

処分したいオーディオ機器の種類や大きさ、状態などに合わせた処分方法を選ぶのがベストです。

処分にかかる費用相場やおすすめの処分方法なども説明していますので、最適な処分方法を見つけてください。

オーディオ機器の処分方法7選!

 

オーディオ機器の処分方法7選

 

オーディオ機器にはいろいろな種類がありますが、一言でいうなら、音楽を楽しむ機械のことを言います。

大きなステレオから、一世を風靡したラジカセ、もっと小さな携帯音楽プレーヤーやヘッドホンまで大小さまざまです。

もちろん、オーディオ機器には、製作現場のマイクや医療現場の聴診器なども含まれます。

ただしここでは、特に家庭内で使われるステレオなどについて考えます。

自治体の粗大ゴミとして出す

オーディオ機器は、自治体の粗大ゴミとして回収してもらうことが可能です。

処分費用は、オーディオ機器の種類や大きさ、自治体によって異なります。

処分費用はだいたい500円~2,000円前後です。

自治体のゴミ処理センターに連絡をして、回収日時を予約し、指定された日時に指定の集積場に出します。

その際、必要な料金分の粗大ごみ回収券を貼付します。

もし車に載せることができる大きさのものなら、自分でゴミ処理センターまで持ち込むと、若干安く処分できます。

大きなステレオなどを集積場まで運び出す場合、重いので注意が必要です。

小型家電回収ボックスに入れる

市役所や図書館などに小型家電回収ボックスが設置されているのを見られたことがあると思います。

小型家電回収ボックスは、小型家電に含まれているレアメタルなどの回収を目的に設置されています。

ボックスの投入口の大きさは、自治体によって異なりますが、だいたい5~10×10~20cmぐらいです。

投入口から入れることができるオーディオ機器なら、無料で処分してもらえます。

コンパクトな携帯音楽プレーヤーやヘッドホンなどを、小型家電回収ボックスに入れると、無料で処分できるのでおすすめの方法です。

家電量販店に持ち込む

オーディオ機器のICレコーダー、MDプレーヤー、携帯音楽プレーヤーなどは、小型家電リサイクル法の対象品目となっています。

そのため家電量販店に持ち込むと無料で処分してもらえます。

無料で処分できる対象品目は、持ち込む家電量販店に確認しましょう。

また、家電量販店では、店舗によっては対応していない場合もありますので、事前に確認することをおすすめします。

売る・譲る

不用になって処分しようと考えておられるオーディオ機器が正常に動作し、まだまだ使えそうな場合は、売ったり、譲ったりすることを考えてもいいでしょう。

今は、フリマアプリ・ネットオークションなどの個人売買の方法があります。

それらを利用するのも一つの方法です。

さらにそれらの方法では、あまり値段が期待できないような場合は、友人・知人に譲ったり、「ジモティ」などの「譲ります」コーナーに載せるのもいいでしょう。

オーディオ機器専門業者に買取依頼

処分しようと考えておられるオーディオ機器の状態が良くて、人気ブランド・モデル、有名メーカーのものなら、オーディオ機器専門外鶏業者を利用することをおすすめします。

もちろん、オーディオ機器のプロですから、素人目にはわからない点もチェックされますが、価値あるものを正しい価値で見極めてもらえるというメリットがあります。

例えば、BOSE、ONKYO、JBLなどの人気ブランドは、タイミングによっては、キャンペーンなどで買取金額がアップすることもあります。

処分を考え始めたら、随時サイトなどをチェックされるとお得に買い取ってもらえるかもしれません。

また、古いモデルでも人気商品や、レコードプレーヤーなどマニア向けのものは、オーディオ機器専門の買取業者がいいでしょう。

リサイクルショップに売る

正常に動作し、状態のいいオーディオ機器なら、お近くのリサイクルショップに持ち込まれてもいいでしょう。

大きなステレオなどで車に積むことができない場合は、出張買取もしてもらえます。

オーディオ機器の場合、古いモデルでも人気のあるものは、高値で流通しています。

しかし、街中のリサイクルショップでは、あまり高値では買い取ってもらえないかもしれません。

リサイクルショップで売る場合は、付属品や取扱説明書をきちんと揃えましょう。

また、汚れなどをきれいにすると、買取金額がアップしますので、きれいにしてから持ち込むようにしてください。

不用品回収業者に依頼する

壊れてしまったもの、有名ブランドや人気モデルでないもの、大きすぎて運び出しが困難なものなどは、不用品回収業者に依頼するのがベストです。

まず集積場まで運び出す必要がありません。

またリサイクルショップでほとんど値段が付かない、買取不可になってがっかりするより、スッキリします。

単品だけでなく、他の不用品とあわせて処分を依頼すれば、意外にお得に処分できます。

処分したいと思ったら、電話やメール一本で即日回収してもらえる点もおすすめポイントです。

オーディオ機器の処分方法別費用相場

オーディオ機器の処分方法別費用相場

ここまで、7種類のオーディオ機器の処分方法をご説明してきました。

それぞれメリット・デメリットがありますが、どれぐらいの費用がかかるかも気になるところです。

ここでは、7つの処分方法別のかかる費用相場とその特徴をまとめました

 

処分方法 費用相場 特徴など
事態の粗大ゴミとして出す 500~2,000円前後
(大きさ、種類、自治体で異なる)
回収日時を予約
指定の日時に指定の集積場まで自分で出す
小型家電回収ボックスに入れる 無料 小型家電回収ボックスの投入口に入る大きさのもののみ
家電量販店に持ち込む 無料 小型家電リサイクル法対象品目に限られる
売る・譲る 売上金が手に入る フリマアプリ・ネットオークションに出品するには手間がかかる

譲る場合:無料またはお礼程度

オーディオ機器専門買取業者に売る 買取金が手に入る 状態のいいもの・有名メーカー・人気モデルなど
リサイクルショップに売る 買取金が手に入る 高額買取の可能性

ノーブランドは買取不可になることも

不用品回収業者に依頼する 単品:1,000円~

定額プラン:15,000円~

電話やメール一本で即日回収

見積り・相談無料

定額プランはお得

オーディオ機器の種類・状態に応じて処分方法を選ぼう!

オーディオ機器の種類・状態に応じて処分方法を選ぼう!

ご自分が処分しようと考えておられるオーディオ機器は、どの方法で処分するのがべストなのかがわからない方のために、機器の種類や状況に合わせた処分の方向性をご説明します。

オーディオ機器の種類・大きさ

一言でオーディオ機器と言っても、その種類は多岐にわたります。

一人では運べないような大きなものから、手のひらに乗るような小さなものまであります。

また、オーディオ機器は、精密機器なので、大きなステレオなどを素人の梱包で発送したりするフリマアプリ・ネットオークションは、あまりなじまないかもしれません。

小さいもので、箱がきちんとあるものなら、送ることは可能です。

壊れている場合も、大きすぎるものは、集積場まで出すのも一苦労です。

運び出しから引取りまですべて行ってくれる不用品回収業者が便利です。

正常動作 or 壊れている場合

正常に動作する場合、種類、メーカー、モデル、年式などを考慮して、処分先を考えるといいでしょう。

特に、有名メーカー、人気モデルなどの場合は、オーディオ機器のプロであるオーディオ機器専門の買取業者に査定を依頼するのもおすすめです。

壊れている場合は、粗大ゴミ、小型家電回収ボックス、家電量販店への持ち込み、不用品回収業者になります。

一人で動かすのが困難なような大きなものは、不用品回収業者に依頼するのがいいでしょう。

小さなものでも、他に処分する不用品がたくさんあるのなら、不用品回収業者に依頼して、一挙に片付けてしまうのも一つの手です。

不用品回収業者ならどんなオーディオ機器の処分もOK!

壊れたオーディオ機器を処分する場合は、量の多少にかかわらず、不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者なら、部屋からの運び出し、運搬・処分全てをお任せできます。

電話やメール一本で即日回収してくれるのも、忙しく過ごす現代人にはピッタリです。

壊れていないオーディオ機器でも、他の不用品と一緒に、不用品回収業者に依頼するなら、買取って処分代金と相殺してくれる業者も多いです。

一挙に片付きますから、便利です。

不用品回収業者なら、相談・見積もりが無料のところが多いので、気軽に相談されることをおすすめします。

オーディオ機器の処分なら「なんでも回収団」がおすすめ!

オーディオ機器を処分するなら、不用品回収業者がおすすめです。

たくさんある不用品回収業者の中でも、特に「なんでも回収団」が一押しです。

「なんでも回収団」は、不用品回収のプロチームが提供する格安不用品積み放題専門店です。

大量の不用品がある場合は、とってもお得です。

軽トラック積み放題の定額プランが、15,800円からとお安くなっています。

さらにWEB割引で10000円OFFになるキャンペーンも実施中!

他の不用品と一緒に、一挙に処分できます。

面倒な分別や運び出しが一切不要なので大型のオーディオ機器処分にピッタリです。

不用品すべてを回収します。

地域実績No.1の「なんでも回収団」は、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県完全対応ですので、お気軽にご相談ください。

>>>「なんでも回収団」へのお見積もりはこちら!

不用品なんでも回収団
  • オーディオ機器の処分方法7選!
  • 自治体の粗大ゴミとして出す
  • 小型家電回収ボックスに入れる
  • 家電量販店に持ち込む
  • 売る・譲る
  • オーディオ機器専門業者に買取依頼
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に依頼する
  • オーディオ機器の処分方法別費用相場
  • オーディオ機器の種類・状態に応じて処分方法を選ぼう!
  • オーディオ機器の種類・大きさ
  • 正常動作 or 壊れている場合
  • 不用品回収業者ならどんなオーディオ機器の処分もOK!
  • オーディオ機器の処分なら「なんでも回収団」がおすすめ!