ハードディスク処分方法と費用解説!廃棄前の注意点と安全な捨て方

ハードディスクを処分しようと考えておられる方に、処分方法や処分にかかる費用、データの消去法などをまとめました。

パソコンのハードディスクには、大切な個人情報やさまざまなデータが含まれていますので、安全に廃棄する必要があります。

廃棄するにせよ、まだ使えるものを売却するにせよ、データの消去は避けて通れません。

ハードディスクを処分する場合は、この記事を参考になさってください。

ハードディスクの処分方法7選

ハードディスクの処分方法7選

ハードディスクを処分する方法は、大きく分けて、壊れてしまったものを廃棄する場合と、売却などリユース、リサイクルする場合があります。

ご自身のハードディスクの状況に合わせたり、処分にかかる費用の予算の多寡に応じて、処分方法を選択してください。

自治体の不燃ゴミ

自治体のゴミ回収に出す方法は、無料 or 低額なのがうれしいポイントです。

通常の不燃ごみとして出す場合と、資源ゴミとして出す場合があります。

自治体によって異なりますから、出す前に、お住いの自治体に確認しましょう。

 

ただ、自治体のゴミとして出す場合、データ消去は自己責任で行う必要があります。

さらに、ゴミ集積場に出したものを盗まれるリスクもありますから注意が必要です。

完全にデータを消去した場合にのみ、利用することをおすすめします。

自治体の回収ボックス

市(区)役所や図書館など自治体の施設の入り口などに、小型家電の回収ボックスが置かれています。

投入口(約30×30cm)に入る大きさのものなら、ハードディスクに限らず、小型家電を投入、廃棄することが可能です。

入れる個数にも制限はありません。

 

自治体の回収ボックスも、データの消去はしていませんので、完全にデータを消去できた場合のみ、投入するようにしましょう。

あくまで、データ消去は自己責任になります。

パソコンのリユース業者

パソコンを宅配回収している業者に依頼する方法もあります。

壊れているパソコンもOKとうたっている業者もあります。

また、キャンペーン期間などを上手に利用すれば、宅配送料が無料になることもあります。

 

この場合も、データ消去は自分でする必要があります。

もし、自分でデータ消去ができない場合は、有料でデータ消去をしてもらうことも可能です。

 

ただし、パソコンの無料引取りなどと、町中を巡回している業者や空き地で回収している業者、チラシで宣伝している業者など無許可の業者には気を付けましょう。

パソコンメーカー・パソコンショップ

パソコンメーカーでは、ハードディスク内臓のパソコン本体を無料で引き取るサービスを行っています。

サービスの対象となるのは、平成15年10月以降に発売されたパソコンで、パソコン本体の裏面などに、「PCリサイクルマーク」が付いているものです。

パソコンの裏面をチェックしてみてください。

 

メーカーに送る場合、宅配送料がかかるかどうか、メーカーのサポートセンターなどに問い合わせをするといいでしょう。

また、マークがついていないものについては、有料になりますが、引き取ってくれるのかどうかも併せて問い合わせしょう。

データ消去についても有料か無料かを含めて要確認です。

 

比較的新しいハードディスクや外付けハードディスクなどは、パソコンショップで買い取ってもらうことも可能です。

ただし、壊れているものは買取対象外です。

フリマアプリ・ネットオークション

壊れていない、状態のいいハードディスクなら、今人気のフリマアプリ・ネットオークションで売るというのも一つの選択肢です。

リサイクルショップなどで売るより、直接取引なので、比較的高い値段が付く場合もあります。

 

他のものを出品する場合と同じように、写真を撮って、説明を書いて、落札されたら発送しなければなりません。

また、個人間取引なので、クレームなどにも対処する必要があります。

フリマアプリ・ネットオークションで売る場合も、必ず、データ消去を完全に行ってから出品・売却するようにしましょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップでハードディスクを売る場合も、壊れていない、完全動作品であることは絶対条件です。

また、リサイクルショップによっては、ハードディスクを扱っていない場合もありますから、持参する前に扱っているかどうかを確認しましょう。

 

データ消去は、自己責任で完全に行ってから持参しましょう。

また、持参する前には、汚れを拭いたり、傷の有無なども要チェックです。

不用品回収業者

ハードディスクの処分も、不用品回収業者に依頼するのが便利です。

電話一本で最短30分程度で来てくれて、即日回収も可能である点が、おすすめポイントです。

 

また個人だけでなく、事務所や店舗などの閉鎖・閉店・縮小などに伴う事業系のハードディスクの処分も任せられます。

運び出しなどの面倒なことはする必要がなく、個人宅、事務所、店舗まで回収に来てくれます。

 

また、不用品回収業者の場合、ハードディスクだけでなく、他の不用品も併せて処分することができますので、使い勝手がいいです。

データ消去については、業者によって異なりますので、申し込む際に確認するといいでしょう。

ハードディスクのデータを消去する方法

ハードディスクを廃棄するにせよ、売却するにせよ、ハードディスク内のデータの流出や個人情報の漏洩には十分注意する必要があります。

 

パソコンが壊れてもハードディスクは壊れていません。

データをゴミ箱に入れたとしても、データは残っていますし、復元することは可能です。

ここでは、ハードディスクのデータの処分方法を詳しくご説明します。

ハードディスクを最終的にどうするのかによって、消去方法を選びましょう。

ソフトウエアで消去

ハードディスク内のデータを完全消去する専用ソフトを使えば、パソコン操作になれていない人でも、ソフトの指示に従って操作を行えば、データを消去できます。

パソコンが起動するなら、この方法がおすすめです。

 

インターネット上には無料のソフトも種々ありますが、万全を期すのであれば、精度の高い有料ソフトで行う方が安心です。

専用ソフトでデータ消去を行えば、ハードディスクやパソコンは傷つかないので、売却などリユースを考えておられる場合には最適な方法です。

物理的に破壊

ハードディスクやパソコンの売却などを考えておられないなら、ハードディスクを物理的に壊す方法もあります。

パソコンそのもの、またはハードディスクだけ取り出して壊します。

 

ハードディスクは叩いたり、折ったりした程度ではデータは残ってしまいます。

そのため、データが記載されている円盤状の金属を粉砕する必要があります。

物理的に壊す場合、大きな音が出たり、破片が飛び散ったりしますので、十分注意して行ってください。

業者に依頼

ハードディスク内のデータ消去にトライしたけれど、うまくできなかった場合や、パソコンが動かない場合などには、データ消去を専門に行う業者に依頼するのがいいでしょう。

 

家電量販店などでは、ハードディスクのデータ消去サービスを行っています。

家電量販店に限らず、データ消去を行う業者はいろいろあるので、問い合わせてみるといいでしょう。

ハードディスクの処分方法別費用相場

ハードディスクの処分方法別費用相場

処分方法 処分にかかる費用相場 データ消去
自治体の不燃ゴミ 無料~数百円 自分で行う必要がある
自治体の回収ボックス 無料 自分で行う必要がある
パソコンのリユース業者 無料(送料がかかる場合もある) 無料(業者によっては有料)
パソコンメーカー PCリサイクルマークあり:無料(送料は自己負担)

PCリサイクルマークなし:有料

無料
パソコンショップ 売却 無料(業者によっては有料)
フリマアプリ・ネットオークション 売却 自分で行う必要がある
リサイクルショップ 売却 自分で行う必要がある
不用品回収業者 単品:1,000円~

定額パック料金(軽トラック):15,000円~

データ消去が可能かどうかは要確認

 

データ消去が有料の場合、かかる費用は2,000円~です。

ただし購入店でデータ消去を依頼する場合、無料の場合もありますから、問い合わせるといいでしょう。

 

不用品回収業者の場合、データ消去込みの業者とデータ消去ができない業者がありますので、見積もり時に確認しましょう。

料金は、軽トラック載せ放題などの定額プランだと、他の不用品も一緒に処分ができるので割安です。

ハードディスク処分はデータ消去も込みの不用品回収業者へ!

ハードディスクの処分については、パソコン本体が壊れている、ハードディスクの動作が遅い、壊れているなどの場合は、不用品回収業者に依頼するのが便利です。

 

ただ不用品回収業者にハードディスクの処分を依頼するときには、データ消去も行ってくれるところを選びましょう。

また、データ消去を依頼する場合、不用品回収業者が信頼できるかどうかはとても重要です。

無許可業者は論外です。

 

また、不用品回収業者の場合、個人だけでなく、事業者の大量の処分もOKです。

不用品回収業者では、ハードディスク単品で依頼するより、軽トラック載せ放題などの定額パックを利用することをおすすめします。

単品より割安なうえに、不用品が一挙に片付きます。

ハードディスクの処分をお考えなら「なんでも回収団」がおすすめ!

いろいろなハードディスクの処分方法があるなかで、不用品回収業者、特にデータ消去込みの不用品回収業者がおすすめです。

 

多くの不用品回収業者のなかでも「不用品なんでも回収団」がベストです。

不用品回収のプロチームが提供する、格安不用品積み放題専門店の「なんでも回収団」なら任せて安心です。

 

事業系ゴミ回収でも、すべてお任せ適正処分で即日回収できます。

事業系一般廃棄物はお任せください。

ハードディスクのデータ消去も信頼できる「不用品なんでも回収団」なら、安心です。

月間3,000件以上の相談を受けており、経験豊富なスタッフがお伺いします。

ハードディスクはじめ、ご家庭で出た不用品や粗大ゴミ、事業所や店舗の閉鎖・閉店・縮小などで出た事業系一般ゴミを回収できます。

分別・梱包、搬出など面倒な作業は、すべてお任せでOKです。

ハードディスクの処分でお困りの方は「不用品なんでも回収団」へご相談ください。

 

>>>「なんでも回収団」のお見積もりはこちら!

不用品なんでも回収団
  • ハードディスクの処分方法7選
  • 自治体の不燃ゴミ
  • 自治体の回収ボックス
  • パソコンのリユース業者
  • パソコンメーカー・パソコンショップ
  • フリマアプリ・ネットオークション
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者
  • ハードディスクのデータを消去する方法
  • ソフトウエアで消去
  • 物理的に破壊
  • 業者に依頼
  • ハードディスクの処分方法別費用相場
  • ハードディスク処分はデータ消去も込みの不用品回収業者へ!
  • ハードディスクの処分をお考えなら「なんでも回収団」がおすすめ!