布団の処分方法と費用!布団は粗大ゴミ?燃えるゴミ?ベストな捨て方

この記事では、布団の処分方法や処分にかかる費用についてご紹介します。

捨てたい布団が使用済みなのか新古品なのかで、処分方法の選択肢が変わることに注意しましょう。

使用済み、新古品の布団を処分したい方に、それぞれにおすすめのベストな方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

すぐに使用済み布団の処分方法を確認したい方はこちら!

すぐに新古品の布団の処分方法を確認したい方はこちら!

 

使用済み・新古品布団の処分費用相場

まずは布団の処分の費用相場を解説します。

使用済み、新古品など布団の状態で、選べる処分方法が変わります

処分方法 1枚あたり処分費用 備考
燃えるゴミの日に出す ゴミ袋代 細断しても粗大ゴミ扱いのことがある
自治体の粗大ゴミ回収に出す 400円程度
購入時に引取ってもらう 無料~3,000円程度 購入時のみ
条件あり
布団引取りサービスを利用する 1,000円程度 別途送料の可能性あり
売却処分する 無料 持ち込みならガソリン代
出張・宅配なら送料の可能性あり
不用品回収業者に依頼する 無料~2,000円 買取は業者による

使用済み布団の処分方法

使用済み布団の処分方法

使用済み布団の場合、布団を売却して処分するのはおすすめできません。

布団は、人が使うもので衛生上の観点から、売却を断られるケースが多いからです。

まずは、使用済み布団の処分方法をご紹介します。

燃えるゴミの日に出す:ゴミ袋代

布団を燃えるゴミの日に出して処分方法があります。

ひざ掛けや赤ちゃん用のタオルケットなど小さめのサイズの布団であれば、そのままゴミ袋に入れて可燃ゴミの収集日に出すこともできます

 

敷布団や掛け布団など厚みのあるものも細かく切って、自治体の可燃ゴミ収集で出せる自治体もあります。

自治体の燃えるゴミのルールに沿って処分すればOKです。

自治体の粗大ゴミ回収に出す:400円程度

サイズの大きな布団は、多くの自治体が粗大ゴミとして取扱います。

粗大ゴミの基準は、自治体ごとに異なり「長い辺が30cm以上」「一辺が50cm以上」などの基準があります。

 

自治体での粗大ゴミ回収に布団を出す手順は以下の通りです。

  1. 申し込み、予約をする
  2. 粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 粗大ゴミ処理券を布団に貼付する
  4. 収集日に指定場所に布団を運ぶ

 

自治体によっては、立ち会いのもと現金で料金を支払うこともあるため、お住まいの自治体の粗大ゴミ回収の手順を確認してください。

 

なお、布団が粗大ゴミとして取扱う自治体の場合、切って細かくしても粗大ゴミとしての回収となるルールのこともあるので注意してください

購入時に引取ってもらう:無料~3,000円程度

布団を新しく購入するのであれば、販売店の布団引取りサービスを利用して処分する方法もあります。

実店舗での布団販売店で引取ってもらえることもあれば、インターネット上での購入をすると引取りサービスが利用できる店舗もあります。

 

布団引取り可能な店舗例

  • ニトリ
  • イオン
  • ベルメゾン
  • コーナン
  • ふとんタウン
  • 西川ストアオンライン

布団の引取りサービスは、ブランドが限定されていたり、布団の羽毛の割合が50%以上だったりと処分できる布団が限られますので注意が必要です。

布団の購入予定がある場合には、検討してみてもいいでしょう。

布団引取りサービスを利用する:1,000円程度

インターネット上で展開される布団引取りサービスを利用して処分する方法もあります。

布団の購入の予定がなくても、処分のみでも受付をしているので便利です。

 

布団引取りサービスの利用手順は以下の通りです。

  1. 布団引取りサービスを購入する
  2. 専用袋に布団をつめる
  3. 配送業者に連絡する
  4. 業者に布団を引き渡す

 

ただし、布団の処分費用とは別に送料がかかります。

サービスを行う業者の住所によって、送料が高額になることもあるため、よく確認して利用してください

不用品回収業者に依頼する:500円~2,000円程度

不用品回収業者へ布団の処分を依頼する方法もあります。

他の方法では、布団を実際に処分できるまでに時間も手間もかかりますが、不用品回収業者なら電話1本だけで処分できるのが魅力です。

 

処分費用は布団単品の場合、1枚あたり500円~2,000円程度です。

ただし、単品回収の場合、出張費や車両費など諸経費がかかることも多く、割高になってしまいます。

 

そんなときには不用品回収業者の「定額パック」を利用するのがおすすめです。

定額パックは一定の料金を支払うことで、大量の不用品をまとめて回収できる不用品回収業者のメジャーな料金プランです。

布団一式、家族全員分の布団、マットレスやベッドまですべてまとめて定額料金なので割安です。

新古品の布団の処分方法

新古品の布団の処分方法

次に、新古品の布団の処分方法をご紹介します。

「新古品」とは、未使用で購入した状態のまま保管された状態のものをいいます

中古品とは異なり、使用していない状態の布団なので、以下の2通りの処分方法から選んでみましょう。

売却処分する:無料

新古品の布団はリサイクルショップやフリマアプリなどで売却して処分できる場合が多いです。

リサイクルショップでも特に寝具を扱う店舗で、ブランドものの布団なら高額で売却することもできるでしょう。

リサイクルショップの場合、出張、宅配など持ち込まなくても処分できることもあるので便利です。

ただし出張や宅配では、買取金額から出張費や配送料を差し引かれることも多い点に注意が必要です。

不用品回収業者の買取サービスを利用する:無料

不用品回収業者では、不用品の買取サービスを行っている場合があります。

新古品の布団なら買取対象になる可能性があるため、買取サービスを行う不用品回収業者に依頼してみてください。

 

買取対象外になってしまっても、そのまま回収処分も可能な点は魅力です。

面倒な手続きなく、布団が無料で処分できる方法でもあります。

布団の処分は不用品回収業者に依頼するのがベスト!

布団の処分のベストな方法は不用品回収業者

布団の処分方法はさまざまですが、もっともおすすめの処分方法は不用品回収業者に依頼することです。

利用することの多い自治体の粗大ゴミ回収と比較しながら、おすすめの理由を説明します。

布団ほか不用品をまとめて割安処分できる

布団1枚だけを処分する場合で、時間に余裕があるのなら、自治体の粗大ゴミ回収や売却できないか検討するのもいいでしょう。

しかし、布団のほかに不用品をまとめて処分するのなら不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

 

自治体の粗大ゴミ回収だと回収できる数に制限があることも多いです。

他の家庭の粗大ゴミも回収する関係上、1回あたり10点、1世帯あたり5点などの条件があって大量の不用品回収をする際には手間と時間が膨大にかかります。

その点不用品回収業者なら、どんなに大量の粗大ゴミもまとめて回収できます。

 

また、自治体の粗大ゴミ回収なら、布団の処分費用は1枚あたり400円程度と安いです。

不用品回収業者の場合、単品回収だと布団1枚あたり2,000円程度の処分費用がかかるため、尻込みしてしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、不用品回収業者の定額パックなら自治体の粗大ゴミ回収より割安になることも多いのです。

特に布団以外の寝具(枕やシーツなど)、ベッドフレーム、家族分の布団などの処分を自治体の粗大ゴミ回収に出すとなると、手続きが大変です。

不用品回収業者の定額パックなら、布団ほか不用品をまとめて、割安で処分することができます

手間なし・即日処分・運び出し不要で楽々

不用品回収業者に依頼して布団を処分するのに必要な手続きは、電話1本またはインターネットからの申し込みのみです。

自治体の可燃ゴミで処分する場合には、細断するのに手間も時間もかかります。

また自治体の粗大ゴミ回収の手続きは複雑で、早くても2週間ほどの時間がかかるのはネックです。

不用品回収業者なら、即日での処分が可能です。

布団の処分に手間をかけたくない方、急ぎの処分が必要な方にもおすすめです。

 

また自治体の粗大ゴミ回収では、自分で指定場所まで運ぶのが原則ですが、たくさんの布団を指定場所まで運ぶのはなかなか大変な作業です。

その点不用品回収業者なら、運び出しの必要はありません

布団の枚数が多くても、運び出しまでお任せできる点でも不用品回収業者がベストと言えるのです。

買取サービスでSDGsに貢献・お得に処分できる

自治体での粗大ゴミ回収では、布団を処分するのみのサービスです。

SDGsという言葉も聞かれるようになり、モノを捨てずにリサイクル・リユースすることにも注目が集まっています。

SDGsとは「持続可能な開発目標」のことです。

将来の世代のための環境や資源を壊さずに今の生活をより良い状態にするための目標として2015年に国連総会で採決されました。

 

不用品回収業者で布団が買取対象になれば、リサイクル品として国内外で流通することになり、SDGsへの貢献をすることにもつながります

もちろん、買取となることで無料で布団が処分できるのも魅力です。

布団が買取できない場合でも、そのまま回収処分してもらえるので一石二鳥。

不用品回収業者に依頼することで、手間や時間、料金のあらゆる面でお得な処分ができるのです。

布団の処分なら「なんでも回収団」がおすすめ!

布団の処分は「なんでも回収団」がおすすめ!
https://weddingshowcase.jp/

布団の処分をするなら、不用品回収業者がおすすめです。

中でも「不用品なんでも回収団」なら、布団ほか寝具やベッドまでお得に処分できます。

なんでも回収団の定額パックは他社料金相場よりも激安です。

定額パック なんでも回収団料金 他社料金相場
軽トラック積み放題 15,800円~ 25,000円~40,000円
1tトラック積み放題 24,800円~ 3,0000円~50,000円
1.5tトラック積み放題 34,800円~ 45,000円~60,000円
2tトラック積み放題
(平・箱)
49,800円~68,800円 60,000円~80,000円
4tトラック積み放題 無料お見積り 80,000円~

 

今なら公式サイトからの申し込みで最大10,000円OFFになるキャンペーンも実施しています。

使用済み、新古品の布団の処分をお考えの方はぜひ「不用品なんでも回収団」にご相談ください。

 

>>>不用品なんでも回収団へのお見積りはこちら!

不用品なんでも回収団
  • 使用済み・新古品布団の処分費用相場
  • 使用済み布団の処分方法
  • 燃えるゴミの日に出す:ゴミ袋代
  • 自治体の粗大ゴミ回収に出す:400円程度
  • 購入時に引取ってもらう:無料~3,000円程度
  • 布団引取りサービスを利用する:1,000円程度
  • 不用品回収業者に依頼する:500円~2,000円程度
  • 新古品の布団の処分方法
  • 売却処分する:無料
  • 不用品回収業者の買取サービスを利用する:無料
  • 布団の処分は不用品回収業者に依頼するのがベスト!
  • 布団ほか不用品をまとめて割安処分できる
  • 手間なし・即日処分・運び出し不要で楽々
  • 買取サービスでSDGsに貢献・お得に処分できる
  • 布団の処分なら「なんでも回収団」がおすすめ!