ワインセラーの処分方法7選!費用相場や廃棄の注意点

壊れたり、変え替えたりで不要になったワインセラーの処分方法を知りたい方に、正しい処分方法と処分する際に気を付けるポイントをご紹介します。

ワインラバーにとって、ご家庭にワインセラーを揃えるのは夢です。

ただ、いざ、処分しようとしたとき、どんな方法があるのかわからないことが多いと思います。

壊れてしまったものは、なるべく安く処分したい、まだまだ作動するものは、できたら売りたいと考えた時のベストな処分方法ですので、参考になさってください。

ワインセラーの正しい処分方法7選

 

ワインセラーの正しい処分方法7選

ワインセラーは、おしゃれな家具のようだったり、冷蔵庫のようだったり、いろいろなタイプのものがあることが、処分方法を悩まさせる一つの原因です。

ただ、ワインセラーは、冷却に冷媒ガスを使用しているため、冷蔵庫と同じ扱いになります。そのため、家電リサイクル法に従って、処分する必要があります。

販売店・メーカーに引き取ってもらう

ワインセラーは、購入した店舗に引き取ってもらうことができます。

ワインセラーは、家電リサイクル法の対象品目になるため、購入した店舗がわからない、近くにないなどの場合でも、近くの家電量販店などに処分を依頼することができます。

購入したかどうかは気にする必要はありません。

ただ、いずれの場合も、リサイクル料金と収集運搬費用がかかります。

リサイクル料金は大きさによって定額ですが、収集運搬費用は、店によって異なりますから、依頼する前に確認するといいでしょう。

指定引取場所に持ち込む

ワインセラーは、家電リサイクル法の対象品目であるため、自治体の粗大ゴミとしては出せません。

家電量販店などに集められた家電を集め、メーカーが引き取るための拠点があり、指定引取場所といいます。

全国各地に設けられていて、住所は公表されているので、自分でワインセラーをそこに持って行くことも可能です。

リサイクル料金はかかりますが、収集運搬費用を節約することができます。

ワインセラーを載せることができる車をお持ちで、処分費用を安くしたい場合にはおすすめです。

ただし、慣れない大きく重いワインセラーを運ぶので、ケガなどのリスクがあります。

フリマアプリ・ネットオークションに出品

今、フリマアプリやネットオークションを利用する人が、急増しています。

間に、業者を介さないので、(運営サイトに手数料は引かれますが)売れた金額のほとんどを手にすることができるというメリットがあります。

状態がよくて、人気メーカーのものなら、高額で売れることも期待できます。

ただ、写真を撮って、説明を書き、落札者と連絡を取り合い、発送するという手間がかかります。

そのうえ、クレームなどにもご自身で対処しなければなりません。

また、ワインセラーは、大きくて重いので、高額な送料がかかります。

メリット・デメリットをよく考えて、判断するといいでしょう。

リサイクルショップで買い取ってもらう

街のリサイクルショップで買い取ってもらう方法もあります。

ただ、すべてのリサイクルショップが、ワインセラーを扱っているわけではないので、持ち込む前に確認するといいでしょう。

扱っているリサイクルショップでも、ワインセラーについて何も知らない人が査定することも考えられます。

リサイクルショップに持ち込む場合は、きれいにし、付属品(取説など)をきちんと揃えておくと、買取価格がアップする可能性もあります。

自分で持ちこめない場合は、引き取りに来てくれるお店もありますから、要確認です。

買取店に買い取ってもらう

ワインセラーを扱っている買取店に買い取ってもらう方法もあります。

買取店なら、ワインセラーについて詳しいので、価値に見合った価格で買い取ってもらうことができます。人気のあるメーカー、モデル、年式のものでコンディションがいいものなら、高価買取も期待できます。

ただ、プロの目で査定されるので、メーカーやモデル、年式などはもちろん、汚れや傷などもシビアにチェックされますので、買取前にはきちんと清掃しておきましょう。

買取店が近くにない場合でも、出張買取をしてくれる場合もありますので、問い合わせるといいでしょう。

譲る~ジモティや地元広報誌・友人・知人

あなたのまわりに、ワインセラーを欲しがっている人がいたら、譲るというのも一つの方法です。

譲る場合は、あくまで譲ると考えて、お金の見返りを期待しないほうがいいです。

「処分費用がかからない分、ラッキー」というぐらいの気持ちで譲るといいでしょう。

近くに欲しい人がいなくても、ジモティや地元のフリーペーパーなどの「譲ります」コーナーを利用すれば、欲しい人が見つかります。

ただ、壊れたり、状態が悪いものを押し付けるのはNGです。

不用品回収業者

ワインセラーのほかにも、処分したい不用品がある場合、不用品回収業者を利用する方法も考えるといいでしょう。

不用品回収業者を利用する場合、料金が発生しますが、電話1本で、即日回収してくれるので、忙しい日を送る現代人には便利な方法です。

トラック載せ放題プランなどは、割安で、大量の不用品を処分できますから、ワインセラーを処分するときに合わせて他のものも処分してしまうとスッキリします!

自治体の粗大ゴミとしては回収してもらえないワインセラーですが、不用品回収業者ならOKです。

ワインセラー処分の費用相場

ワインセラー処分の費用相場

ワインセラーを処分するおすすめの方法をご紹介してきました。

それぞれの方法の費用をまとめましたので、処分する際の参考になさってください。

ワインセラーを家電リサイクル法で処分する場合

区分 リサイクル料金
内容積(170ℓ以下) 3,780~5,344円
内容積(170ℓ以上) 4,830~5,869円

指定引取場所に持って行く場合、上記金額の家電リサイクル券が必要です。

金額は、内容積とメーカーによって異なります。事前に金額を確認するといいでしょう。

家電量販店などに持ち込む場合は、上記リサイクル料のほか、収集運搬費がかかります。

収集運搬費は、店舗ごとに異なります。1,500~9000円ぐらいになります。

ワインセラーを不用品回収業者を通して処分する場合

トラックの種類 費用
軽トラック載せ放題 15,000円~
1tトラック載せ放題 25,000円~
1.5tトラック載せ放題 35,000円~
2tトラック載せ放題 45,000円~
4tトラック載せ放題 要見積もり

ワインセラー単品の回収も可能ですが、不用品回収業者を利用する場合は、トラック載せ放題プランなどの利用がお得です。

トラック載せ放題プランとは、トラックの荷台に載せられるだけ載せて、定額料金で不用品を回収するプランのことです。単品で依頼するより、ずいぶん割安に利用できます。

ワインセラーを処分するときの注意点

 

ワインセラーを処分するときの注意点

ここでは、ワインセラーを処分するときの注意点をまとめました。

他の家具や家電製品との違いに気を付けましょう。

ワインセラーの種類

ワインを保管するには、温度や湿度の管理が大切です。正しく保管できなければ、ワインは劣化してしまいます。

ワインセラーは、温度と湿度を一手に保つためのものです。ワインは、年間を通して、12~15℃の温度で保管するのがベストです。

ワインセラーは、冷却方式の違いで大きく3種類に分けられます。

  • ペルチェ式:モーターを使わず、電気だけで冷やします。
  • 熱吸収式:アンモニアの気化熱を利用して冷やします。
  • コンプレッサー式:冷蔵庫と同じように、モーターを使って冷やします。

その他、収納できるワインの本数による大きさの違いがあります。

特に、売却するときは、ワインセラーの種類によって違いがあります。

ワインセラーは家電リサイクル対象品目

何度も書いていますように、ワインセラーは、家電リサイクル法の対象品目です。

ワインセラーは、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、テレビ、洗濯機・乾燥機の家電4品目と同様の扱いになり、そのため、自治体の粗大ゴミとして出せません。

処分する場合は、自分で家電量販店や指定引取場所まで持って行くか、不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者に依頼するのが電話一本でできて便利です。

自治体の粗大ゴミとして出せない

前項と重なりますが、ワインセラーは、家電リサイクル法の対象品目ですので、自治体の粗大ゴミとしては出せません。

状態のいいものについては、リサイクルショップ、フリマアプリやネットオークション、買取店に売却するのも、処分料がかからないばかりか、買取金額が手に入ります。

処分する場合、粗大ゴミとしては出せませんが、いくつかの方法をご説明しました。

なかでも、不用品回収業者に依頼するのは、料金的にも、手間がかからないという点でもおすすめです。

電話一本で即日回収してもらえますし、集積場まで持って行く必要もありません。

トラック載せ放題プランを利用して他の不用品と一緒に出せば、お安く処分できます。

ワインセラーを処分するなら「不用品なんでも回収団」へ!

ワインセラーを処分する場合、不用品回収業者に依頼するのがベストだとご説明しました。

ただ、不用品回収業者はいろいろありすぎて、どこに依頼するのがいいのか悩みます。

ワインセラーの処分を不用品回収業者に依頼するのなら、「不用品なんでも回収団」がおすすめです。

「不用品なんでも回収団」は、不用品回収のプロチームが提供する、格安不用品積み放題専門店ですから、大量回収がお得です。

さらに、面倒な分別や運び出しが不要です。

「不用品なんでも回収団」は、不用品回収の価格満足度No1に選ばれています。

あなたも、その納得価格をご体験ください。

費用を安く抑えられるうえに、プロの手際であっという間に片付きます。

 

ワインセラーの処分を考えておられる方は、「不用品なんでも回収団」を強くおすすめします。

>>>「不用品なんでも回収団」の見積もり依頼はこちら!

不用品なんでも回収団
  • ワインセラーの正しい処分方法7選
  • 販売店・メーカーに引き取ってもらう
  • 指定引取場所に持ち込む
  • フリマアプリ・ネットオークションに出品
  • リサイクルショップで買い取ってもらう
  • 買取店に買い取ってもらう
  • 譲る~ジモティや地元広報誌・友人・知人
  • 不用品回収業者
  • ワインセラー処分の費用相場
  • ワインセラーを家電リサイクル法で処分する場合
  • ワインセラーを不用品回収業者を通して処分する場合
  • ワインセラーを処分するときの注意点
  • ワインセラーの種類
  • ワインセラーは家電リサイクル対象品目
  • 自治体の粗大ゴミとして出せない
  • ワインセラーを処分するなら「不用品なんでも回収団」へ!