リチウムイオン電池の捨て方!モバイルバッテリーなどの処分は注意

この記事では、リチウムイオン電池の捨て方を紹介します。

リチウムイオン電池が使用されている小型充電器、モバイルバッテリーなどは現在では多く普及しています。

しかし、誤った捨て方をすることで火災や爆発事故の原因になります。

ここでは、モバイルバッテリーなどの処分時の注意点も解説していくので、ぜひ参考にしてください。

自治体の燃えないゴミでは捨てられない

自治体の燃えないゴミでは捨てられない

最初は、自治体の燃えないゴミでは捨てられないついて解説します。

小型のリチウムイオン電池は、「資源有効利用促進法」でリサイクルが義務付けられており、燃えないゴミでは捨てることができません

また、発火による火災や処理施設での爆発事故防止のため、安全面を考えて定められています。

  • モバイルバッテリー
  • ハンディクリーナーの充電池
  • デジタルカメラ
  • 電動歯ブラシ
  • ワイヤレスPC周辺機器
  • キャンプ用品(ポータブル電源)
  • 空調服のバッテリー
  • ハンディファン
  • 電動ドリルなどの工具のバッテリー
  • 電気自動車
  • 電子タバコ

これらのような製品は、捨てることができないので注意です。

他の燃えないゴミと混ぜて捨てることや、面倒だからと適当に捨てないように気を付けてください。

単純に捨てる場合、以下のような方法で安全に処分することができます。

モバイルバッテリーの処分方法を詳しく確認したい方はこちら!

リチウムイオン電池の捨て方注意点

リチウムイオン電池の捨て方注意点

つぎは、リチウムイオン電池の捨て方の注意点を紹介します。

以下のような点を注意して、正しく処分しましょう。

膨張しているバッテリーはリサイクルBOXに入れない

膨張しているバッテリーは、リサイクルBOXに安易に入れないように気を付けましょう。

膨張する要因は、中のリチウムが劣化して起こることで生じます。

電解質が酸化することでガスが発生し、内側から圧力がかかり膨張しているのです。

その状態で外部からの衝撃を受けると、中でショートしてガスに引火、爆発する危険性があります。

リサイクルBOXにそのまま投函してしまうと、爆発して他の人も巻き込んで大惨事になる可能性があります

膨らんだバッテリーをリサイクルBOXに投函する前に、以下の状態を確認しておきましょう。

  • バッテリーが熱を帯びていないか
  • 異臭がしないか
  • 煙など出ていないか

これらの状態が見受けられたら、耐火容器などに入れて沈静化を待ってください。

沈静化が確認できたら動かないよう断衝材で包み、耐火容器のままか缶ケースに梱包し専門の処理業者に持ち込んで処分しましょう。

ただし、発火などが見られた場合、無理に消火することは非常に危険なため、安全を確保し速やかに119番通報してください。

ヤマダ電機での膨張しているリチウムイオン電池の回収方法はコチラ!

海外製の充電式電池はリサイクルに出せない場合がある

日本のメーカーの多くは「JBRC」に加入しており、普及している小型充電式電池・モバイルバッテリーのほとんどを、リサイクル回収できるようになっています。

海外の製品では、メーカーがJBRCに非加入の場合が多く、リサイクル回収できない場合があります

また、リサイクルマークがない製品もリサイクルすることができません。

これらの会員企業外品、回収対象外品の処分などは、自治体またはメーカーに相談して適切に処分してください。

一般社団法人JBRCとは「資源有効利用促進法」「廃棄物処理法」に則り、充電式電池(二次電池:充電して繰り返し使える電池)の回収・再資源化を推進する団体のことです。

 回収対象としては、JBRC会員企業製の3種類の電池「ニカド電池・ニッケル水素電池・リチウムイオン電池」の小型充電式電池およびモバイルバッテリーとなります。 

分解しない

リチウムイオン電池式の小型充電器などは、分解しないようにしましょう。

分解することで、電解液の付着により皮膚のただれ、炎症が起きたり、化学火傷または感電したりする恐れがあります

また、衝撃で発熱し発火の要因にもなり、火災や爆発する危険性もあるのです。

処分する場合は、分解せずにそのままリサイクルBOXへ投函しましょう。

液漏れした電池は極力触らない

液漏れした電池は極力触らないようにしましょう。

漏れ出た液が目に入ったり、肌につくことで失明や化学火傷を負う危険性があります。

液漏れの原因には、製造品質が悪いことや破損、内部でのショートなどが考えられます。

漏れ出た電解液は揮発性が高く引火しやすいため、火の気のないところに速やかに遠ざけるようにしてください。

ゴム手袋や保護メガネなどを着用の上、安全な場所へ移し、漏れ出た電解液を使わない布などで拭き取るようにしてください。

リサイクルBOXでの処分を考えている場合は、設置店舗のスタッフに液漏れしたリチウムイオン電池を処分できるかどうかを必ず聞くようにしましょう

絶縁処理をして捨てる

リチウムイオン電池式小型充電器などは、出力端子を絶縁処理してから捨てましょう。

リチウムイオン電池は自然放電していきますが、電気が残った状態で出力端子が露出しているとショートする可能性があり火災の原因になります

なお、リサイクルBOXに入れる場合や業者に回収してもらう場合も、出力端子の部分は絶縁処理しておくのがベストです。

処分前にリチウムイオン電池を絶縁する方法

処分前にリチウムイオン電池を絶縁する方法

続いて、処分前にリチウムイオン電池を絶縁する方法を紹介します。

絶縁するための絶縁テープは、身近なものであれば、ビニールテープなど百均で手軽に買うことができるのでおすすめです。

  • 角型:接続端子部分に絶縁テープを張る・巻く
  • 円筒型:両端のS・N極に絶縁テープを貼る・巻く
  • ボタン型:全体を絶縁テープで覆う
  • ボックス型:露出している端子を絶縁テープで巻く
  • ラミネート型:本体から伸びている端子を絶縁テープで巻く

基本的には、端子部分を絶縁テープで目張りするか、グルグル巻きにするだけなので簡単に行うことができます。

なお、塩水に浸けることで放電処理をするとの情報がありますが、リチウムが変質してしまう可能性があるため、リサイクルに出せなくなるので注意です

リチウムイオン電池は「資源有効利用促進法」で定められたリサイクル対象の品目です。

リサイクルをする施設での扱いが困難になるので、放電のために塩水につける方法には気を付けましょう。

リチウムイオン電池の捨て方・処分方法

リチウムイオン電池の処分方法

つづいて、紹介するのはリチウムイオン電池の処分方法です。

自治体では基本的に、リチウムイオン電池を処分することができません。

業者に回収してもらう・リサイクル回収BOXに投函するなど方法は様々です。

不用品回収業者に回収してもらう

モバイルバッテリーやアウトドア用の蓄電池を処分するなら、不用品回収業者に回収してもらうのが簡単かつ早いです。

自治体では対応できない多くを扱えるうえに、それらをまとめて回収できるサービスを提供しているのが特徴

また、分別や運び出す作業の一切を任せることができ、ラクに処分できます。

ただし、諸経費などがかかるため、料金が高くついてしまう事は否めません。

そのため、不用品の多くをまとめて処分するような、引っ越しなどで利用すると費用対効果を実感しやすいでしょう。

優良の不用品回収業者ランキングはコチラ!

リサイクル回収BOXに入れる

リサイクル回収BOXにリチウムイオン電池を入れるのが、最も推奨された処分方法です。

小型充電式電池・モバイルバッテリーは「資源有効利用促進法」でリサイクルが義務付けられています。

そのため、家電量販店やホームセンターなどで回収BOXが設置されている事が多いです。

とはいえ、単純に入れるだけでは危険なので、「絶縁処理」を行うこと「膨張・漏液」などの状態を確認したうえで、リサイクル回収BOXに投函してください

メーカー・店舗で回収してもらう

メーカー・店舗でモバイルバッテリーなどを回収してもらう方法です。

人の手で管理してもらえるので、安心して処分できるのは大きな魅力です

家電量販店 

店舗ごとに対応が異なる場合があるので、事前に問い合わせておくとスムーズです。

  • ヤマダ電機・ビックカメラ・ヨドバシカメラ
  • ケーズデンキ・ノジマ・エディオン

メーカー

メーカーに回収を依頼する場合は、カスタマーセンターなどへ連絡しましょう。

製品の取扱説明書または、公式サイトに連絡先や問い合わせ方法が載っている事が多いです。

メーカーによって、処分方法や回収までの流れを指示される場合があるので、指示に従って処分しましょう。

携帯電話のショップ

携帯電話のキャリアショップなどで引き取れる場合があるので、契約しているショップに問い合わせてみるのも良いかもしれません。

フリマアプリに出品する

まだ使用できる良好なモバイルバッテリーなら、フリマアプリに出品するのもおすすめです。

自分で価格を設定できるので、ある程度の利益が見込めます。

また、バッテリーの劣化などから交換目的で購入する人も多く、需要はあるでしょう。

ただし、いつ買われるかわからないことや個人間の取引なので、トラブルには注意してください

リサイクルショップに売る

リサイクルショップに買い取ってもらう方法も、お金を得つつ処分できます。

買取方法は、持ち込み・出張・郵送がありますが、手間を考えると出張買取がおすすめです。

査定に来てもらい、買取が成立すればその場で現金化、回収してくれるのでおすすめです。

買い取れなかった場合でもリスクが少ない処分方法です。

リチウムイオン電池の処分すべきタイミング

リチウムイオン電池の処分すべきタイミング

最後は、リチウムイオン電池の処分すべきタイミングを紹介します。

以下に挙げる状態が見受けられたら、速やかに使用をやめて早めに処分しましょう。

膨張している

モバイルバッテリーなどが膨張していたら、使用は絶対やめましょう。

中でガスが発生し、内側からの圧力がかかっているため、破裂する可能性があります

また、落下やぶつけるなどで衝撃を加えると。ショートして爆発火災の原因になるので早めに処分しましょう。

電池が触れないほど熱くなる

リチウムイオン電池が、異常な発熱を起こす現象を「熱暴走」と呼ばれています。

内部がショートすることや、電池パックを過充電することで発生しやすいです。

そのままの状態は危険なので使用をやめ、耐熱容器や缶ケースにいれ沈静化を試みましょう

熱を持たなくなったら。使用は避け速やかに処分してください。

充電がもたない・充電に時間がかかる

充電がもたない・充電に時間がかかる場合は、劣化が進んでいるため注意しましょう。

そのまま使用すると、不具合や膨張や漏液に繋がり火災の原因になります

そういった現象が起きていたら、早めの処分または交換のタイミングです。

リチウムイオン電池は「不用品なんでも回収団」が簡単な捨て方!

不用品回収は「不用品なんでも回収団」がおすすめ!
https://weddingshowcase.jp/

リチウムイオン電池は「不用品なんでも回収団」に回収してもらうのが、簡単な捨て方です。

不用品なんでも回収団では、どんな状態のリチウムイオン電池でも問題なく回収できます。

また、自治体が対応できない不用品の多くを回収することができ、分別や運び出しも作業スタッフが責任をもってあたります

手間や危険な作業をする必要も、捨て方に頭を痛めることも一切ありません。

費用面では、大型の蓄電池やポータブル電源などもまとめて処分できる、パックプランがおすすめ。

一定の諸経費が含まれているので、費用負担が少なく回収することが可能です。

S~LLと不用品量に応じた積載量のトラックを柔軟に手配できるので、回収物の量も心配いりません。

日時指定にも柔軟に対応できるので、計画的に不用品処分ができます。

リチウムイオン電池を処分するなら「不用品なんでも回収団」にぜひご相談ください。

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団