業務用冷蔵庫の処分方法6選!費用相場や注意点まで解説

ここでは、業務用冷蔵庫の処分方法を6種類ご紹介します。

処分方法ごとの費用相場や注意点などにも触れているので、納得のいく形で業務用冷蔵庫を処分できます。

業務用冷蔵庫は、何ゴミに該当するかをよく確認した上で適切に処分しなければなりません。

正しくかつ適したタイミングで処分をし、業務用冷蔵庫をすっきり片付けてみましょう。

業務用冷蔵庫の処分でお困りの人必見です。

業務用冷蔵庫は産業廃棄物に該当する

業務用冷蔵庫は産業廃棄物に該当する

業務用冷蔵庫は飲食店の厨房に置いてあったり、スーパーやパン屋などにも設置してあることが多いです。

縦型や横型、ショーケース型などいくつか種類があり、使用目的や場所に応じて選ぶことが可能です。

この業務用冷蔵庫は、処分する場合産業廃棄物に該当します。

産業廃棄物処理運搬業の許可をもった業者に回収してもらう必要があります。

一般家庭用の冷蔵庫として処分できないため、次に挙げる方法で処分を検討してみてください。

業務用冷蔵庫の処分方法6選

業務用冷蔵庫の処分方法6選

不要となった業務用冷蔵庫は、以下6つの方法で処分できます。

業務用冷蔵庫の状態や数などから、どの処分方法が適しているか考えてみましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

できるだけ早く処分したい、故障しているのでもう使えない、処分したい業務用冷蔵庫が何点かあるなどの場合は、不用品回収業者に回収してもらうのがおすすめです。

不用品回収業者は、家庭から事業で出た不用品までを何でもまとめて回収しています。

厨房からの搬出も任せられるので、処分方法に悩んでいるときにもぴったりです。

不用品回収業者は最短即日で対応しているところも多く、こちらの都合に合わせて不用品をすぐに処分できるのがメリットです。

業務用冷蔵庫以外に処分したい厨房機器についても、回収・処分してもらえます。

手軽かつスピーディーに、様々な厨房機器を処分したいときは不用品回収業者に相談してみましょう。

※相場より安い不用品回収業者はこちらをチェック!

産業廃棄物処理業者に依頼する

業務用冷蔵庫は、企業や店舗など事業活動に伴って生じる物の一つです。

そのため、産業廃棄物処理業者に依頼して回収してもらう必要があります。

産業廃棄物は、国が定めた「廃棄物処理法」によって材質が分別されており、業務用冷蔵庫もそれに従って処分しなければならないのです。

産業廃棄物処理業者に業務用冷蔵庫を回収してもらう場合は、依頼した後に委託契約を済ませてから日程を調整し、回収してもらう流れになります。

少しでも早く業務用冷蔵庫を片付けたいときには、時間がかかってしまう方法です。

フリマアプリで出品する

業務用冷蔵庫が不要になったけれどまだ使える、見た目もきれいな状態である場合は、フリマアプリで出品できます。

少しでも安く業務用冷蔵庫を手に入れたいと考えている人にとって、助かるでしょう。

自分で値段を決められ、納得のいく形で処分できるのが利点です。

ただし、無事に売れた場合は他の品目よりも配送料が高くなりやすいです。

配送料や送るときの流れなどもよく考慮した上で、フリマアプリで出品するか考えてみてください。

ゴミ処理場に持ち込む

自治体によっては、ゴミ処理場へ直接持ち込むことで業務用冷蔵庫を処分できる場合があります。

自身で運搬する必要があるので、業務用冷蔵庫が載せられるサイズの車が必要になる点には注意してください。

ゴミ処理場へ持ち込んで処分するメリットは、費用が安く抑えられることです。

車があると安く処分できる方法ですが、フロンガスが使われている業務用冷蔵庫は持ち込みできません。

専門業者に処分を依頼しなければならず、違法な処分方法をとると罰金が科せられてしまいます。

業務用冷蔵庫の種類を確認した上で、ゴミ処理場へ持ち込むようにしましょう。

買い替え時に引き取ってもらう

古くなったり故障によって業務用冷蔵庫を新調する場合は、買い替え時に引き取ってもらって処分できます。

新しい業務用冷蔵庫を購入する予定であれば、引き取りサービスを提供している店舗を探しておくと良いでしょう。

店舗によっては無料で引き取りを実施しているところもあるので、費用をかけずに業務用冷蔵庫を処分したいときに心強いです。

また、下取りサービスとして、新しく購入する製品の割引やポイント付与を行なっている店舗もあるのでよく確認しておきましょう。

中古厨房機器販売業者に売る

多少使用感はあるもののまだ使える状態の業務用冷蔵庫なら、中古厨房機器販売業者に売ることも可能です。

買い取ってもらうと、処分に費用はかからず、むしろ買い取り額が収入になります。

業務用冷蔵庫は、中古であっても需要が高いです。

新品で購入しようとすると、20~40万円ほどする高価なものであるためです。

中古厨房機器販売業者側も、需要がある業務用冷蔵庫は積極的に買い取っています。

大手メーカーの製品や比較的新しい業務用冷蔵庫なら、一度中古厨房機器販売業者に尋ねてみましょう。

搬出や運搬には労力が伴いますが、業者によっては買取額から差し引く形でサポートしてくれる場合があります。

業務用冷蔵庫を処分する際の費用相場

業務用冷蔵庫を処分する際の費用相場

 

サイズが大きく重さもある業務用冷蔵庫は、状態に応じてどの処分方法が適しているかじっくり考えるべきです。

同時に、処分にいくらくらいかかるかという費用相場もチェックしておきたいところです。

上記に挙げた業務用冷蔵庫の処分方法ごとに費用相場をまとめてみたので、参考にしてください。

処分方法 費用相場
不用品回収業者に回収してもらう ・単品・・・5,000円~100,000円
・パックプラン・・・28,000円~
産業廃棄物処理業者に依頼する 20,000円~
フリマアプリで出品する 無料
※送料や手数料が発生する
ゴミ処理場に持ち込む 500円~2,000円
買い替え時に引き取ってもらう 無料
中古厨房機器販売業者に売る 無料

業務用冷蔵庫を処分するときの注意点

業務用冷蔵庫を処分するときの注意点

業務用冷蔵庫は、費用相場を押さえながらどの処分方法がふさわしいか慎重に考える必要があります。

さらに、安全・確実に業務用冷蔵庫を処分できるよう、以下の注意点についても確認しておきましょう。

業務用と家庭用の違いを理解する

冷蔵庫を処分する際、業務用と家庭用の違いをよく理解しておくのが大切です。

業務用と家庭用の冷蔵庫では、容量や冷却力といった性能に大きな違いがあります。

大量の食材を安全に保存するため、業務用冷蔵庫にはこのような特徴があるのです。

その他、業務用冷蔵庫は耐久性にも優れています。

家庭用冷蔵庫よりも扉の開閉が多いことなどから、丈夫に作られているのです。

業務用冷蔵庫を処分するときは、家庭用との違いも把握した上で処分方法について考えましょう。

自治体を利用して処分するのは難しい

業務用冷蔵庫は、先述した通り産業廃棄物にあたります。

そのため、自治体を利用して粗大ゴミや普通ゴミとして処分できません。

産業廃棄物は、産業廃棄物収集運搬の許可を得ている専門業者しか行えないのです。

産業廃棄物処理業者にわざわざ連絡をして処分するのが面倒だからといって、不法投棄するのも絶対にやめましょう。

不用品の不法投棄は、1,000万円いかの罰金または5年以下の懲役が科される恐れがあります。

お金をかけずにすぐ処分したいからといって、業務用冷蔵庫を不法投棄するのは避けてください。

フロンを使っている製品には要注意

業務用冷蔵庫のなかには、フロンガスを使用している製品があります。

フロンはオゾン層を破壊する作用があるため、環境に悪影響なものです。

そのため、専門業者に依頼して適切に処分してもらわなければなりません。

フロン排出抑制法により、第一種フロン類回収業者の許可を得ている業者に回収してもらう必要があります。

処分する予定の業務用冷蔵庫を調べて、フロンを使用しているかどうかも確認しておきましょう。

業務用冷蔵庫を処分するタイミング

業務用冷蔵庫を処分するタイミング

業務用冷蔵庫は、処分すべきタイミングがいくつか存在するのも事実です。

一般的に、業務用冷蔵庫の寿命は10年程度とされています。

寿命を押さえつつ、次のような異変が現れるなどすると処分するときといえるでしょう。

  • 食材の冷えが悪くなってきた
  • 店舗を移転することになった
  • ランニングコストを見直したい

購入してからどれくらいの年数が経ったかに加え、機能面の低下や電気代の見直しなどを検討する場合、業務用冷蔵庫を処分するタイミングといえます。

店舗の状況などから、業務用冷蔵庫を手放すときを検討してみましょう。

※口コミ高評価なおすすめ不用品回収業者もご覧ください。

業務用冷蔵庫の処分は不用品なんでも回収団へ!

 

不用品回収は「不用品なんでも回収団」がおすすめ!
https://weddingshowcase.jp/

業務用冷蔵庫を処分する方法から費用相場、注意点や処分のタイミングまでを解説しました。

一般家庭で使用する冷蔵庫とは違い産業廃棄物に該当することから、正しく処分しなければならないのが業務用冷蔵庫です。

一方で、信頼できる産廃業者を探すのが大変そう、できるだけ早く片付けたいと考えている人もいるはずです。

そんなときは、業務用冷蔵庫をはじめどんな物でも回収可能な「不用品なんでも回収団」にお任せください。

運び出しから任せられるので、重たい業務用冷蔵庫の処分についても安心して依頼できます。

月間相談件数3,000件と豊富で、回収のプロが最もお得なプランで不用品を回収しています。

どう処分すべきか困っているという場合も、経験豊富なスタッフが丁寧に解決するのでご相談ください。

以下の無料お見積りからも、お問い合わせお待ちしております。

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団