古いガラケー・携帯電話の処分方法!スマホと携帯は捨て方が違う?

本記事ではガラケーなど古い携帯電話の処分方法について解説します。

スマホとガラケーでは処分時の注意点や対応が異なる点もあるため注意が必要です。

捨て方がわからず手元に残している携帯電話があり処分にお困りの方は、ぜひ参考にしていただき安全に処分しましょう。

携帯電話は小型家電リサイクル対象品目

携帯電話は小型家電リサイクル対象品目

携帯電話やスマートフォンは2013年に施行された小型家電リサイクル法により、リサイクル対象品目に指定されています。

小型家電リサイクル法とは金、銀、銅、レアメタルなどの有用金属を回収して、資源を有効に活用するための法律です。

各自治体では、公共施設や家電量販店などに設置された専用の回収ボックスで、使用済み携帯電話を回収しています。

回収された携帯電話は認定事業者によって適切にリサイクル処理が行われ、貴重な資源として再利用されるのです。

携帯電話やガラケーの処分・リサイクル方法

携帯電話やガラケーのリサイクル方法

リサイクル対象となっている携帯電話やガラケーは、適切な手段でリサイクルする必要があります。

リサイクルするさいはいくつかの方法があります。

それぞれメリットやデメリットがありますので、状況にあわせて選択しましょう。

携帯ショップで無料回収してもらう

古い携帯電話やガラケーは、携帯キャリアのショップで無料回収してもらうのが最も手軽な処分方法です。

ドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアは、「モバイル・リサイクル・ネットワーク」というリサイクルシステムに参加しており、携帯電話やスマートフォンのリサイクル回収を実施しています。

自社製品だけでなく他社製品も含めて新旧機種とわず回収を行っているので安心。

回収された端末は分解・破砕され、金や銀、銅、レアメタルなどの資源がリサイクルされます。

 

キャリアショップではかわりに携帯電話のデーターを消去してもらえるのが大きなメリットです。

いずれのキャリアでも確実にデータを消去したうえで、適切にリサイクルを行ってくれるため、安心して処分を任せられます。

自力でデータ消去がむずかしい場合には、キャリアへの持ち込みがおすすめです。

持ち込む際は、電池パックを取り付けた状態のままか、外した状態で一緒に持ち込むようにしましょう。

自治体の小型家電リサイクル回収BOXを利用する

古い携帯電話やガラケーは、自治体の小型家電リサイクル回収に出すことができます。

小型家電リサイクル回収BOXの利用は無料です。

 

自治体の公共施設や回収拠点などに用意された小型家電回収ボックスに投函するだけで、手軽にリサイクルに出せます。

ただし、回収ボックスは不特定多数の人が利用するため、個人情報漏洩のリスクを避けることが重要です。

小型家電リサイクル回収BOXを利用する際は、必ず事前に携帯電話内のデータを削除しておきましょう。

家電量販店で回収してもらう

家電量販店でも携帯電話の回収を行っています。

店舗まで直接持っていけば、無料で回収してもらえます。

そのほかにも家電量販店で実施している、宅配回収による小型家電回収サービスを利用することも可能です。

 

ただし宅配回収の場合は、1,500円~2,500円ほどのサービス利用料がかかります。

またデータ消去なども自分で行う必要があるため注意が必要です。

リネットジャパンに回収してもらう

リネットジャパンは環境省認定の回収業者で、携帯電話やガラケーを無料で回収・リサイクルしてくれます。

リネットジャパンも大手キャリアと同様、メーカーやキャリアを問わず回収してくれるのが特徴です。

 

利用には1,760円~の手数料が必要ですが、パソコンと一緒につめれば送料も無料になります。

1台3,498円の費用はかかりますが、バッテリを取り外した上で業務用専用機で粉砕する「おまかせ安全データ消去サービス」の利用も可能。

データ消去サービスを利用しない場合は、自身でデータを消去したうえで発送する必要があります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者各社では、有料で携帯電話を含む小型家電回収とリサイクルを行っています。

携帯電話以外にもさまざまな不用品があるときなどは、携帯電話もまとめて依頼してOKです。

ただし不用品回収業者ではデータの消去ができないため、あらかじめ自身でデータを消去してから回収してもらう必要があります。

 

不用品回収業者は電話やネットから連絡すると、すぐにでも自宅まで不用品を引き取りに来てくれます。

複数の不用品がある場合や処分先などへ持ち込むのが手間に感じるときなどは、最も手軽に依頼できる処分方法でしょう。

携帯電話を処分する際の注意点

携帯電話を処分する際の注意点

携帯電話を処分する際に知っておくべき注意点について解説します。

個人情報漏洩を防ぐためデータは必ず消去する

古い携帯電話を処分する前に、必ず端末内のデータを完全に消去しましょう。

電話帳、メール、写真など個人情報が詰まった携帯電話のデータが流出すると、悪用される危険性があります。

機種によって消去方法は異なりますが、通常は「設定」から「初期化」「オールリセット」などを選択します。

 

データ消去に不安がある場合は、携帯ショップに依頼するのも一つの方法です。

中古販売やリサイクルに出す際は特に、よりデータ消去を徹底することが大切です。

処分の際は電池パックと本体を分けて処分

古い携帯電話を処分する際は、電池パックと本体を分けて処分することが重要です。

ガラケーや携帯電話はこの電池パックが取り外せる構造になっているものが多いです。

 

電池パックに使われているリチウム電池は、外部からの衝撃によって発火することがあります。

電池パックを付けたまま処分すると、発火事故につながる危険性があるため、必ず取り外してからリサイクルに出す必要があるのです。

 

取り外した電池パックは、キャリアショップや家電量販店などの回収ボックスに入れるか、自治体の指定する方法で処分します。

本体は、データを完全に消去した上で、キャリアショップや自治体の回収に出すのが適切です。

電池パックが内蔵されていて取り外せない機種は、キャリアショップまたは自治体の担当窓口へ持ち込むのが安全です。

データ消去ができないガラケーの対処法

データ消去ができないガラケーの対処法

携帯電話の処分で最も注意しなければならないのが、携帯内のデータの取り扱いです。

携帯電話には電話番号や住所、写真などさまざまな個人情報につながるデータが記録されています。

こうしたデータの悪用を防ぐため、携帯電話を処分する際はデータの消去が欠かせません。

しかし中には充電器の紛失などで電源が入らず、初期化やデータの消去がむずかしい場合があります。

このようにデータ消去ができないガラケーを安心して処分できる方法を紹介します。

携帯電話名はメルカリ「あんしんデータ消去」の対象外

メルカリに携帯電話を出品しようと考えているかたは、ご自身でしっかりとデータを消去したうえで出品することが重要です。

 

メルカリには有料でデータを消去してくれる「あんしんデータ消去」サービスがありますが、こちらはiPhoneなどの比較的新しいスマートのみに対応しているサービスです。

ガラケーに分類される携帯電話は、このサービスの対象外となるため利用できないため注意が必要です。

スマホキャリアに持ち込んで消去してもらう

ガラケーの電源が入らず自分でデータ消去ができない場合は、docomo・au・ソフトバンクなどのキャリアショップに持ち込むのが確実です。

キャリアを問わず無料で専用機器を使ってデータを物理的に破壊し、個人情報漏洩のリスクを防いでくれます。

 

docomoでは「ケータイパンチ」という専用工具で、目の前で端末に穴を開けてデータを完全に破壊。

auでは「オールリセット」で工場出荷状態に戻す、ソフトバンクでは通常のリセット作業に加えてケータイパンチで機能破壊してくれるため安心です。

データを取り出せないよう自分で破壊もできるが…

携帯から個人情報データが取り出せないよう、本体に穴をあけて物理的に破壊することも可能です。

キャリアで行っている「ケータイパンチ」と同じように、本体の電源ボタン部分に穴を開ければほとんどの機種は起動ができずデータの取り出しもできなくなります。

 

しかし破壊の際に誤って電池パックなどを傷つけてしまうと、発火の危険もあるなど、危険を伴う行為でもあります。

スマホキャリアに持ち込めば、安全に無料でデータ消去してもらえます。

電源が入らない携帯電話は、小型家電回収ボックスなどに投函せず、ショップへ持ち込むのがベストでしょう。

スマホとガラケーの処分方法の違いは?

スマホとガラケーの処分方法の違いは?

携帯電話とスマートフォン、どちらも小型家電リサイクルの対象品目です。

そのため、基本的な処分方法やルールは同じと考えてOKです。

しかし一部とらえ方が異なる部分もありますので、それぞれの違いについても触れておきましょう。

スマホは買取需要があるが携帯電話は需要が少ない

スマホは比較的新しい機種であれば買取需要が高く、リサイクルショップや携帯買取業者で高値で売却できる可能性があります。

 

一方、ガラケーは買取需要が低いため、リサイクルショップでは買い取ってもらえません。

またフリマやオークションでも需要な少ない他、取引価格も数百円程度と低いものとなっています。

携帯電話は売却によるメリットはほとんどありませんので、手間や時間をかけずに無料回収で引き取ってもらうのがベストでしょう。

スマホはバッテリーが内蔵されているため破壊はNG

スマホとガラケーでは、処分方法に違いがあります。

ガラケーは本体とバッテリーが分離しているため、ドコモやauなどのキャリアショップで物理的に破壊してもらうことができます。

 

一方、スマホはバッテリーが内蔵されているため、破壊すると発火の危険性があります。

そのため、どんなにデータが流出が心配でも、自分で物理的に破壊する行為はNGです。

スマホの場合はリセット作業などでデータを完全に消去した上で、リサイクル回収に出すのが適切です。

不安な場合はキャリアショップに引き渡し、リサイクルしてもらうようにしましょう。

 

スマホの詳しい処分方法はこちらの記事を参考にしてください。

携帯電話の処分は「不用品なんでも回収団」におまかせ

携帯電話の処分は「不用品なんでも回収団」におまかせ
https://weddingshowcase.jp/

不用品なんでも回収団」は、不要になった古い携帯電話やガラケーの処分に対応している不用品回収業者です。

個人情報の取り扱いも万全、適切な方法やルートで安全に携帯電話をリサイクルいたします。

携帯電話やガラケーの処分にお困りの際は、ほかのご不用品と合わせて一緒にお任せいただくとオトクです。

ご相談や事前お見積りは完全無料!お気軽にご依頼ください。

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団