浴衣の処分方法7選!買取の場合の相場価格やお得に捨てる方法を解説

浴衣の処分方法についてご紹介します。

夏の風物詩でもある浴衣は、年齢を問わず日本人なら誰しも袖を通したことがある伝統衣装です。

ただ出番がとても限られているため、気づけば着られなくなっていた…ということも。

浴衣を処分する方法には幾つか選択肢があり、おすすめの捨て方を解説していきます。

また処分の注意点や売却する際の買取価格の相場についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

浴衣の処分方法7選

浴衣の処分方法7選

浴衣の処分方法をご紹介します。

なるべく損することなく浴衣を処分したい方にとって、幾つかのおすすめの方法があります。

それぞれの処分方法の詳細を解説しますので、参考にしてください。

自治体の燃えるゴミに出す

汚れてもう着用できない浴衣なら、自治体の燃えるゴミに出すという方法がおすすめです。

何と言っても無料で処分できますし、ゴミ袋に入れて捨てるだけなので手間いらずな方法です。

虫食いや破れているなど、売却も譲渡も難しい浴衣を処分したい場合には、ピッタリの方法でしょう。

ただ自治体によっては、浴衣の分別区分が「燃えるゴミ」の場合や「古布・古着」など様々。

事前に自治体のゴミ出しのルールを確認しておいてください。

リメイクして再利用する

思い出深い浴衣は、もう着られなくても捨てたり売却することに抵抗を感じる方も少なくないようです。

初めて親から買ってもらったものや、思い出のデートで着た浴衣など、処分しがたいのは当然です。

そのような場合は、違うものに浴衣をリメイクするという方法も可能。

浴衣の柄を活かして普段でも着用できるワンピースにしたり、バックなどの小物にすることもできます。

自分でリメイクすれば安上がりですが、もし苦手ならリメイク専門の業者に依頼することもできるでしょう。

着物専門の買取業者に売却

質の良い浴衣を処分するなら、浴衣の価値をよく理解してくれる専門の業者に売却するのが一番です。

着物専門の買取業者なら和服に関しての知識が豊富で、専門的な観点で浴衣に価値を付けてくれます。

親から譲り受けたものや有名メーカーの浴衣なら、専門の買取業者の方が損せずに処分が可能です。

なるべく高値で売却したい、もしくは証紙付帯の浴衣なら専門の買取業者に持ち込むのがよいでしょう。

リサイクルショップで売却

様々な衣服を買取しているリサイクルショップに浴衣を売却する方法もあります。

特に季節ものの衣料品を強化買取しているショップや、和服関連の小物を取り扱っているお店がおすすめ。

持ち込んだその日に査定してくれますので、金額に関係なくすぐに処分したい方に向いています。

ただリサイクルショップはかなり多くの品目を扱うため、専門の知識は乏しく、高値が付きにくい特徴も。

価値がある浴衣でも期待していた買取価格にならない可能性がありますので、ご注意ください。

フリマやオークションで売却

ネットでの取引に慣れているのであれば、フリマやオークションで浴衣を売却する方法もあります。

自分の希望している価格で売却できる処分方法の一つです。

出品されている他の浴衣を観察して、自身で価格設定を行いますが、思ったより高値がつくことも。

フリマは若い世代が利用する傾向が高いので、若い世代に人気の浴衣ブランドなら希望価格で売れます。

ただ個人間の取引なので、手間が掛かるのはもちろん、値下げ要求などのトラブルも覚悟しなければなりません。

日頃から使い慣れている人に向いている処分方法と言えるでしょう。

人に譲る・寄付する

売却までもなく、でも捨てるのはもったいない浴衣なら、知人に譲ることもできるでしょう。

知人から貰う方が安心して着用できますし、数回しか着ないものなので買うまでもないという方も。

身近に浴衣が欲しいという方がいないか聞いてみることができます。

また、NPO団体などに処分したい浴衣を寄付する方法もおすすめです。

在住外国人に日本文化を楽しんでもらうためだったり、市の施設でイベントに使用するなど理由は様々。

ただ捨てるだけではなく誰かに喜んでもらえますし、無料で処分できる方法です。

寄付を募っている団体は、インターネットを検索すればたくさん出てきますので、探してみてください。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者では、不用な浴衣の回収も可能です。

ノーブランドの浴衣であっても、付属物や小物類と一緒にまとめて引き取ってくれるのが嬉しいポイント

電話一本で家まで回収に来てくれて即日処分も可能なので、急いでいる方向きの処分方法でしょう。

また買取業者やリサイクルショップで売却できなかった浴衣でも、状態に関係なくまとめて回収。

ただ、回収費用は浴衣だけだと高くつくので、その他引き取ってほしい不用品がある時に便利です。

引っ越しの一斉整理、もしくは断捨離の際に利用することをおすすめします。

おすすめの優良不用品回収業者はこちら!

浴衣の処分方法別のメリットとデメリット

浴衣の処分方法別のメリットとデメリット

浴衣の処分方法別にメリットとデメリットをご紹介します。

処分方法は様々な選択肢がありますが、浴衣の状態や数量などによっては選ぶ方法にも違いが出ます。

ご自身の希望や目的に合わせて処分方法を選ぶためにも、メリットとデメリットを比較してみてください。

処分方法 メリット デメリット
自治体の燃えるゴミに出す 無料で処分できる
手間が掛からずに処分可能
自治体によって分別区分に違いあり
数量がある場合は裁断の必要も
リメイクして再利用する 人と被らないデザインが手に入る
捨てなくても済む
自分でする場合は手間が掛かる
業者に頼む場合は料金が必要
着物専門の買取業者に売却 綺麗な物なら高額査定も可能
価値を正確に評価してくれる
自分で持ち込まなければならない
買取業者を探す必要がある
リサイクルショップで売却 即日処分できる
状態が良ければ査定額を期待できる
状態によっては売却できない
フリマやオークションで売却 買い手がつけばお得に処分可能
希望価格で売却できる場合も
出品に手間が掛かる
必ず売れるとは限らない
人に譲る・寄付する 無料で処分できる
喜んでもらえる
譲渡先・寄付先を探す必要あり
即日処分できるとは限らない
不用品回収業者に依頼する 即日処分可能
家まで回収に来てくれる
他の不用品も一緒に回収可能
浴衣だけの回収なら高くつく
自分で業者を探す必要あり

浴衣の処分方法別の費用相場

浴衣の処分方法別の費用相場

浴衣の処分方法別の費用相場について解説します。

ほとんどの処分方法に費用が掛からない浴衣ですが、状況によっては選ぶ捨て方も異なることでしょう。

お持ちの浴衣の状態や処分したい状況、費用の相場を比較して処分方法を決めてください。

処分方法 費用の相場 備考
自治体の燃えるゴミに出す 無料 専用のゴミ袋代のみ必要
リメイクして再利用する 無料 リメイクの作成代は必要
着物専門の買取業者に売却 無料
リサイクルショップで売却 無料
フリマやオークションで売却 無料 送料が別途掛かる場合も
人に譲る・寄付する 無料 寄付の場合は配送料が掛かる場合も
不用品回収業者に依頼する 3000円~ 浴衣のみの回収は高くつく場合も

相場より安く利用できる不用品回収業者はこちら!

浴衣を売る場合の買取相場

浴衣を売る場合の買取相場

処分したい浴衣を売却した場合、買取の相場はどれくらいなのかをご紹介します。

着物に比べて安い傾向のある浴衣は、一般的な相場は数千円程度の買取価格です。

そのかわり、ブランド浴衣や有名人がデザインした浴衣などは倍の価格がつくことも。

業者によっても査定が異なるため、複数で見積もりをしてもらってから売却するのがおすすめです。

浴衣の種類 買取の相場
ノーブランドの浴衣・ダメージあり 100円~1500円程度
ノーブランドの浴衣・ダメージなし 500円~3000円程度
ノーブランド・ミシン仕立て・透け防止当て布付き 1000円~3000円程度
ノーブランド・手縫い・透け防止当て布付き 1500円~4000円程度
ブランドの浴衣(ツモリチサト・撫松庵など)ダメージあり 5000円~10000円程度
ブランドの浴衣(ツモリチサト・撫松庵など)ダメージなし 8000円~(未使用なら15000円以上の値が付く場合も)

浴衣を高く買い取ってもらうポイント

浴衣を高く買い取ってもらうポイント

浴衣を出来るだけ高く買い取ってもらうポイントについてご紹介します。

浴衣を売却する際、有名なデザイナーのメーカー物やブランドの浴衣は高値が付きやすい傾向があります。

ただノーブランドの浴衣でも、少し工夫すれば高く買い取ってもらえる可能性も。

浴衣を売却予定の方は、ぜひ参考にしてください。

需要のある時期に売却する

浴衣売却で一番大切なポイントは、売る最適な時期をきちんと見極めることです。

浴衣が一番売れるのは、夏本番の少し前である4月~7月前後

春過ぎから夏祭りや花火大会などのイベント日時が決定するため、浴衣の準備を始める人が多いのです。

買取業者側も、毎年のことでこの時期の需要は分かっていますから、夏前から買い取りを強化し始めます。

処分したい浴衣があるなら、その時期に売れるように準備をしておきましょう。

付属物や小物をセットで売る

浴衣売却時は、浴衣本体だけでなく、下駄や帯などの付属物もセットにすると高値がつく傾向があります。

ノーブランドの浴衣本体だけでは買取不可でも、セットの小物がついていれば売れることも。

頭に飾るヘアアクセサリーや巾着、着付けに必要な腰紐や伊達締めなども入れると買値アップを狙えます。

お店側もセットにして売った方が買い上げ率が上がりますので、太っ腹に買い取ってくれるでしょう。

浴衣本体以外で売却できるものがないか、今一度チェックしてみてください。

綺麗な状態で保管しておく

浴衣の生地は、非常にシワになりやすく、においもつきやすい特徴があります。

そのため、保管状態が良くないと独特のにおいがしたり、シワシワになってしまうことも。

せっかくの浴衣ですので、「たとう紙」や「不織布袋」などに入れて、綺麗な状態で保管しましょう。

着用しないとしても、きちんと保管していれば売却の際に大きく損をすることはありません。

証紙の有無をチェック

価値のある浴衣を購入した場合、そこには証紙がついているはずです。

この証紙は浴衣の価値を証明するもので、証紙の有無によって買取金額にも大きく影響があります。

有名作家のデザインしたものや老舗店舗の浴衣を処分する時には、証紙がないかチェックしてください。

売却時に浴衣と一緒に提示すれば、高く買い取ってもらえる可能性が上がるでしょう。

浴衣の処分なら「不用品なんでも回収団」におまかせ!

浴衣の処分なら「不用品なんでも回収団」におまかせ!
https://weddingshowcase.jp/

浴衣の処分方法について解説しました。

選択可能な幾つかの方法がありますが、浴衣の状態に限らず、即日処分希望なら「不用品なんでも回収団」がおすすめです。

買取業者に引き取ってもらえなかった汚れがある浴衣でも、すべて回収可能!

しかも浴衣の種類に関係なく、小物類もすべて一緒に引き取ってくれるのも嬉しいポイントです。

その他、処分に困っている家具や家電も一緒に回収すれば、もっとお得に処分ができます。

ご相談やお見積もりは完全無料ですので、お気軽にご連絡ください。

浴衣の処分にお悩みなら、ぜひ「不用品なんでも回収団」にご相談を!

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

 

不用品なんでも回収団