物置の処分方法は?費用目安や解体が必要な場合の依頼先も

本記事では物置を処分する方法について解説しています。

解体が必要な場合の依頼先や処分費用の目安なども紹介。

できるだけ費用の負担を抑えつつ処分できる方法などもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

解体が必要な物置を処分する方法

解体が必要な物置を処分する方法

設置されていてる物置を処分する際は、専門家に依頼をして解体のうえ処分する必要があります。

業者に依頼すべき物置は、大型の物や木造やプレハブ製の素材の物などです。

また床がフローリング素材の物置や、コンクリートで基礎工事がされている場合も解体依頼したほうが安全でスムーズです。

不用品回収業者に回収依頼する

不用品回収業者は、物置の回収処分を受け付けています。

多くの業者では、物置の解体から運搬、処分までを一貫して対応してくれるため解体が必要な物置でもOKです。

自力で解体するには道具の準備や膨大な労力が必要ですが、プロに任せれば安全かつスムーズに処分できます。

物置の中の不用品や家庭のあらゆる不用品なども同時に回収してもらえるので、一度に整理できるというメリットがあります。

料金は物置のサイズや状態によって異なりますが、小型のものなら1万円~3万円程度、大型で解体が必要な場合は2万円~10万円前後が相場です。

 

解体業者に依頼する

解体業者に物置の解体とがらの処分を依頼する方法もあります。

木造やプレハブ工法の物置、コンクリート基礎がある物置など、解体が困難な印象を受ける物置なども難なく解体してもらえるでしょう。

特にボルトがサビついているものや、アスベストが使用されている可能性がある古い物置などは、専門業者に任せるのが安全です。

 

解体費用の相場は、物置の大きさや材質によって異なります。

木造で25,000円~40,000円/坪、鉄骨で25,000円~45,000円/坪程度が目安です。

コンクリートブロックや土台の撤去が必要な場合は、別途費用が加算されます。

ただし回収してもらえるのはあくまでも物置や土台などに限ります。

物置の中身は回収してもらえないため注意が必要です。

買い替えの場合はホームセンターに依頼できることも

物置を処分する際、買い替えを検討しているならホームセンターに相談するのも一つの方法です。

カインズやコーナンなど手のホームセンターでは、物置の販売設置にあわせて古い物置の引き取りに対応しているところがあります。

新しい物置の購入を条件に、古い物置の撤去や処分を依頼できる場合があるので、買い替え時はまずホームセンターに確認してみましょう。

 

すべてのホームセンターで物置の引き取りを行っているわけではないため、注意が必要です。

また取り扱いのある店舗でも、引き取り可能な物置の種類やサイズが限られていることがあります。

 

なおホームセンターに依頼した場合でも、物置の中身については回収対象外です。

事前にしっかりと条件を確認し、解体と処分、新たな物置の設置について見積もり依頼をするのがベストでしょう。

小型物置の解体方法

小型物置の解体方法

比較的シンプルな構造の小型の物置であれば、プロでなくとも解体できることが多いです。

自力で解体できそうな場合は、解体したうえで処分するという選択肢もあります。

物置の解体作業に必要な物

小型のスチール製物置を自力で解体する場合、いくつかの工具や道具を事前に用意しておく必要があります。

ボルトやネジを外すためのスパナ、レンチ、ドライバーは必須アイテムです。

電動のインパクトドライバーがあれば作業がより楽になるでしょう。

屋根部分を取り外す際には、脚立が必要な場合もあります。

ボルトが錆びついている場合は、バールやグラインダーなどが必要となることもあります。

解体作業時は安全に作業するためにも、軍手や長袖の服なども忘れず用意しましょう。

解体作業の手順

安全に作業を進めるため、解体作業は複数人で行い、必要な工具を準備しましょう。

  1.  物置内の棚や収納物を全て取り出し、物置を空にする。
  2.  屋根部分から解体を始める。ボルトを外し、屋根パネルを取り外す。
  3. 壁パネルを順番に取り外していく。内側のボルトやピンを外し、パネルを取り外す。
  4. 柱がある場合は、壁パネルを全て外した後に柱を取り外す。
  5. 床パネルを取り外す。大型の物置の場合、複数のパネルで構成されていることがある。
  6. 解体した部材を分別し、運搬・処分する。

以上が小型物置の一般的な解体手順です。

 

ポイントさえ理解できれば、小型の物置の解体作業はそこまで難しい作業ではありません。

ただしボルトの位置や構造は物置のタイプによって異なるため、事前に確認が必要です。

解体が難しい場合は、無理をせず専門業者への依頼も検討してください。

自力で解体した物置を処分する方法

自力で解体した物置を処分する方法は?

自力で解体が可能な場合は、解体の上適切に処分すればOKです。

解体済みの物置を処分する方法をそれぞれ、費用も踏まえながら紹介します。

自治体の粗大ゴミに出す

小型の物置に限られますが、解体済みの状態であれば自治体の粗大ゴミ収集で回収してもらうことができます。

解体した物置のパーツを分別し、収集センターなどへ収集申し込みをしましょう。

専用の粗大ゴミ処理券を購入し、解体した物置に貼り付けて屋外の指定の場所に出す流れになります。

 

処分費用は物置のサイズや自治体により異なりますが、1,000円~3,000円程度が相場です。

プラスチック製の物置は回収費用が安く、プラスチック製以外で高さや幅が1m以上のものは費用が高くなります。

土台のコンクリートなどは別回収となるか、または処理困難物で回収不可となる場合がありますので、申込時に確認しておくと安心です。

金属買取業者に買い取ってもらう

鉄板など金属製の物置なら、金属買取業者や産業廃棄物処理業者などに買い取ってもらうこともできます。

地域のスクラップ業者などで、買取可能か一度連絡してみるのもおすすめです。

 

金属素材の場合、処分費用はかからず、逆に買い取り料金を受け取れます。

ただし持ち込む際は金属以外の素材は取り除き、別で処分する必要があるほか、自力で持ち込むための車両などの用意も必要です。

リサイクルショップに買取を依頼する

自力で解体した物置をリサイクルショップに買い取ってもらうという選択肢があります。

人気のメーカーや需要の高いサイズの物置であれば、買取対象となる可能性があります。

 

ただし、物置は大きく場所を取るため、多少の傷や汚れがあるだけで買取を断られるケースが多いです。

小型サイズで運搬可能な物置なら、解体せずにそのまま引き取ってもらえるかもしれません。

いきなりショップへ持ち込んだりせず、買取に出す前に、複数のリサイクルショップに問い合わせて条件を確認しましょう。

ただし再利用や再組み立てが可能な状態が大前提となるため、解体作業時は細心の注意が必要です。

物置を処分する際の費用目安

物置を処分する際の費用目安

物置の処分費用は、サイズや材質、解体の必要性によって異なります。

 

処分方法 小型の物置(1~2坪程度) 大型の物置(3.5坪以上)
不用品回収業者 10,000円~20,000円程度 20,000円~100,000円程度
解体業者(解体前提) 15,000円~40,000円
※坪単価
25,000円~50,000円程度
※坪単価
粗大ゴミ 1,000円~2,000円程度 2,000円~3,000円程度
※大きすぎるものは回収対象外

小型のスチール製物置であれば、自分で解体して粗大ゴミとして処分すれば、1,000円~2,000円程度で済むことが多いです。

不用品回収業者に依頼する場合、解体済みであれば小型のもので10,000円程度から処分が可能。

解体込みや大型の物置の場合ですと、料金はさらに高くなります。

 

解体業者に解体と処分を依頼する場合、小型のものは坪単価15,000円~40,000円程度から。

スチールや木造よりも、コンクリート造の物置小屋の方が高くなります。

また大型の物や断熱材入り、床がフローリングの物置になると、さらに費用がかかってくるため相見積もりをおすすめします。

物置を処分するタイミング

物置を処分するタイミングと処分前の準備

物置は、そう滅多に解体や処分を行うものではありません。

そのため、どうしても対応を後回しにしてしまうこともあるでしょう。

 

では、多くのかたはどのようなタイミングで物置を処分されているのでしょうか。

物置を処分するタイミングについてまとめてみました。

引っ越しや建て替えなどで処分が必要になったとき

引っ越しや家の建て替えを行う際は、物置の処分や撤去が必要になることがあります。

入居後、自分たちで物置を設置した場合は、これに該当するケースが多いでしょう。

新居に物置を移設できない場合や、古くなった物置を処分して新しいものに替えたい場合などが該当します。

建て替え時は、仮住まいの手配と併せて、物置の解体・処分の手順を検討しましょう。

 

なお、自分たちで設置した物置でも、不動産会社に相談すれば、そのまま残しておいても構わないといわれることもあります。

本来は解体や処分が必要となる物置でも、処分せずに済む場合もありますので、確認してみるとよいでしょう。

老朽化で使用できなくなったとき

物置の耐用年数は、一般的に金属製で15年、木製やプラスチック製で8年ほどとされています。

この期間を過ぎると、屋根や壁の劣化が進み、雨漏りや倒壊の危険性が高まります。

 

老朽化した物置をそのまま放置すると、強風で飛ばされたり部材の落下により、人や建物に被害を及ぼす可能性があります。

老朽化や劣化で使用できなくなった物置は、できるだけ早めに処分するほうが安全です。

物置の中身も処分したい場合は不用品回収業者がおすすめ

物置の中身も処分したい場合は不用品回収業者がおすすめ

物置を処分する際、中に残っている不用品の処分にも悩むことがあります。

このような場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者なら、物置の解体や処分だけでなく、中の不用品の回収・処分まで一括で対応してくれます。

不用品回収業者以外で物を処分する場合は、物置のみの処分となるため不用品は別で処分が必要です。

 

不用品回収業者の中には諸経費込みの「パックプラン」や「積み放題」などの、お得なプランを用意しているところもあります。

物置の中身が大量にある場合でも、定額で回収してもらえるので安心です。

自力で物置を解体し、不用品を分別して処分するのはとても手間がかかります。

不用品回収業者に任せれば、面倒な作業をすべて丸投げでき、時間と労力を大幅に節約できておすすめです。

 

軽トラックパック・積み放題が人気の不用品回収業者はこちら!

物置の処分にお困りなら「不用品なんでも回収団」へ!

テントやキャンプ用品処分は「不用品なんでも回収団」へ!
https://weddingshowcase.jp/

不用品なんでも回収団」は、物置の回収処分が可能な不用品回収業者です。

小型の物置はもちろんのこと、大型の物や解体が大変な物置など、何でもご相談ください。

もちろん物置の中にあるご不用品や、庭先にある処分に困っているものなども同時に回収処分が可能です。

 

解体が必要な物置の処分にお困りの際は、遠慮なくご相談ください。

ご相談や事前お見積りは完全無料!お気軽にご依頼ください。

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団