フライパンの処分方法6選!処分時の注意点やポイントも解説!

フライパンの処分方法をご紹介します。

選べる幾つかの処分方法に加え、必要な費用相場や捨てる際の注意点も詳しく解説します。また、フライパンを処分するか否か見極めるポイントも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

フライパンの捨て方や処分方法6選!

フライパンの捨て方や処分方法6選!

フライパンの捨て方や処分方法を6選紹介します。フライパンの状態や現在の自身の状況などを考慮して、自身にあった方法を選択してください。

自治体のゴミ収集で処分する

フライパンを捨てる方法として、自治体のゴミ収集に出すという方法があります。処分にお金がかからないかつ簡単に処分できるのがこの方法の特徴です。

捨てる方法は、お住まいの自治体によって異なるので、自治体のホームページやパンフレットなどで、フライパンの分別方法を確認してから捨てるようにしましょう。

もし、処分方法が間違っていると回収してくれないという事態になりかねないので、注意が必要です。フライパンの蓋や取っ手が木製やプラスチック製の場合は、分別方法が異なる場合があります。

不用品回収業者へ依頼する

フライパンを自治体のゴミ収集で捨てるのが難しい場合は、不用品回収業者に依頼する方法があります。自宅まで回収に来てくれるので、持ち運びの手間が省けたり、フライパン以外の不用品をまとめて処分できたりといったメリットがあります。

ただし、フライパンのみを処分するには、費用がかかる上に、事前に見積もりが必要なので、他に不用品がある方におすすめの方法です。引っ越しや断捨離などの機会に、多くの不用品をまとめて引き取ってもらう際に利用するとよいでしょう。

多くの不用品を一度に引き取ってほしい時におすすめの業者はこちら!

フリマアプリやリサイクルショップに出品する

まだ使える状態のフライパンであれば、フリマアプリやリサイクルショップに出品して、売却することは、お金になる可能性がある方法です。また、再利用できるので、環境に優しいといったメリットがあります。

フリマアプリでは購入者を見つけるまで時間がかかるので、すぐ処分したい方はリサイクルショップに持って行く方が良いでしょう。

ホームセンターなどの販売店に回収してもらう

多くのホームセンターや家電量販店では、フライパンの回収サービスを行っているので、こちらの方法を利用するのもひとつです。無料で回収してくれる場合が多いものの、店舗にてフライパンを購入すると、同等の引き取るといった内容のサービスがあるので、買い替えをする方におすすめの方法です。

他店で購入したフライパンでも回収してくれる場合もありますが、必ず事前に確認しておく必要があります。

下取りサービスを利用する

食器や調理器具の専門店では、新品のフライパンを購入する際に、古いフライパンを下取りしてくれるサービスがあるので、新しいフライパンの購入費用を安くできる方法です。下取り対象となるフライパンが限られている場合があり、同店で購入したフライパン下取り額は数百円から高いものでは数千円程度です。

一方、指定の商品を購入する場合に、割引のクーポンが発行されるといったパターンもあるので、下取りサービスをやっている店舗やネットショップを探してみるのも良いでしょう。

身近な人や施設へ譲る

まだ使える状態のフライパンであれば、施設や知り合いに譲ることもできます。フライパンを必要としている人に役立ててもらえるので、譲ると喜んでもらえるでしょう。

譲り先の施設としては以下のようなものがあります。

  • 子育て支援センター
  • 福祉施設
  • 児童養護施設

フライパンの状態を正直に伝えたり、押し付けにならないよう注意しましょう。

フライパン処分時の注意点やポイント

フライパン処分時の注意点やポイント

フライパンの処分時の注意点やポイントを解説していきます。フライパンの処分方法を間違えると回収されなかったり、近隣への迷惑になったりすることもあるので、しっかりと内容を押さえていきましょう。

何ゴミになるのか確認する

市区町村 ポイント
足立区
  • 一辺の長さが30cm以下は不燃ゴミ
  • 一辺の長さが30cm以下は粗大ゴミ400円
江戸川区
  • サイズに関係なく不燃ゴミ
大田区
  • サイズに関係なく不燃ゴミ
江東区
  • 持ち手を除いて30cm以下は不燃ゴミ
  • 持ち手を除いて30cm以上は粗大ゴミ400円
品川区
  • 一辺の長さがおおむね30cm以下は不燃ゴミ
  • 一辺の長さがおおむね30cm以上は粗大ゴミ400円
杉並区
  • 一辺の長さがおおむね30cm以下は不燃ゴミ
  • 一辺の長さがおおむね30cm以上は粗大ゴミ300円
世田谷区
  • 取っ手を除いた直径30cm以下は不燃ゴミ
  • 取っ手を除いた直径30cm以上は粗大ゴミ400円
豊島区
  • 大きさがおおむね30cm未満は不燃ゴミ
  • 大きさがおおむね30cm以上は粗大ゴミ400円
目黒区
  • 取っ手を除いたおおむね30cm以下は不燃ゴミ
  • 取っ手を除いたおおむね30cm以上は粗大ゴミ300円
港区
  • 最大辺が30cm未満は不燃ゴミ
  • 最大辺が30cm以上は粗大ゴミ400円
中野区
  • 一辺が30cm以下は不燃ゴミ
  • 一辺が30cm以上は粗大ゴミ300円
文京区
  • 一辺がおおむね30cm以下は不燃ゴミ
  • 一辺がおおむね30cm以上は粗大ゴミ400円
名古屋市
  • 不燃ゴミ、またはリサイクルステーション
大阪市
  • 最大の辺または径が30cm以下は不燃ゴミ
  • 最大の辺または径が30cm以上は粗大ゴミ200円
福岡市
  • 一辺がおおむね30cm以下は不燃ゴミ
  • 一辺がおおむね30cm以上は粗大ゴミ400円

粗大ゴミの処分には、原則処理手数料がかかります。

燃やさないゴミ・不燃ゴミで出す場合

基本的にフライパンは不燃ゴミで処分できる自治体がほとんどです。ただし、各自治体で粗大ゴミの条件が異なり、多くが最長辺が30cm以上なら粗大ゴミというように決められています。

また長さの測り方も持ち手を含むか含まないかは自治体によって違うので確認が必要です。フライパンは自治体の回収する不燃ゴミや金属ゴミといったいわゆる一般ゴミとして処分できます。一般ゴミとして処分する場合には、自治体や地域のゴミ出しルールを守って捨てるようにしましょう。

粗大ゴミで出す必要な場合

大型のフライパンの場合は粗大ゴミとして捨てることになります。粗大ゴミ回収の手数料は、300〜400円くらいが相場です。

手数料分の有料粗大ゴミ処理券を、お住まいの地域内の商店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの取扱店や役所で購入できます。有料シールを貼っていない、定められた料金に満たない有料シールの貼付の粗大ゴミは収集されませんので、粗大ゴミとして処理する場合には、処理方法を確認してください。

ふたがガラス製のものは割れないようにする

フライパンふたは、一般ゴミとして処分できますが、ガラス部分が割れて怪我をしたり、収集車の中で破損して他のゴミを汚したりする可能性があります。

安全に処分するためには、ふたを厚紙や段ボールで包み、割れないように、隙間なくしっかりと梱包して「危険」と表示してください。新聞紙で包むと、衝撃を吸収する効果があります。ガムテープでしっかりと止めましょう。

ただし、自治体によって出し方が異なるので、自治体のホームページなどで、確認しておくと安心です。

捨てる前に汚れを落としておく

ゴミ収集車や処理施設は、多くの種類のゴミが混ざり合う場所です。汚れが付着したフライパンをそのまま処分してしまうと、他のゴミを汚染したり、悪臭の原因になったりする可能性があります。

また、猫やカラスがにおいを嗅ぎつけてゴミをあさることも防げるので、汚れを落としておくことで、衛生面にも配慮することができます。頑固な汚れでなかなか落ちない場合は、できる限り落とした上で、水気を落とした上で出すようにしましょう。

フライパンを捨てる時期やタイミング

フライパンを捨てる時期やタイミング

フライパンを処分するタイミングや時期について、詳しく解説します。

日常的に料理をする方やあまりしない方それぞれの事情や状況によって寿命が変わります。以下で紹介する症状が出てきた時は、寿命の可能性があるので、処分や買い替えのタイミングの目安にしてください。

一般的には2〜3年

使用頻度が多いほど、フライパンは早く劣化しますが、テフロンなどのフッ素樹脂コーティングやセラミックコーティングの劣化の観点から一般的には2〜3年が寿命です。

以下のポイントを意識して、フライパンを大切に使っていても、2〜3年で買い替えると良いでしょう。

  • 使用後はすぐに洗い、水気を拭き取る
  • 金属たわしや研磨剤は使わない
  • 直火ではなく、弱火~中火で調理する
  • 空焚きはしない

こういった手入れを怠ると、フライパンに焦げ付きや汚れが溜まりやすくなり、さらに寿命が縮んでしまいます。

料理していて焦げ付きやすくなった時

フライパンを使っていて、以下のサインを感じたら古くなっていると考えられます。

  • 焦げ付きやすくなった
  • 食材がくっつきやすくなった

これらのサインが見られたら、コーティングが剥がれていることが大きな原因となるので、新しいフライパンに買い替えることを検討しましょう。フライパンは消耗品なので、定期的に買い替えることが大切です。

傷や汚れがひどくなった時

調理中に食材が引っかかる場合には、深い傷や深い窪みがないかチェックしましょう。また、洗っても落ちない頑固な焦げ付きがある場合には、フライパン全体が温まらず、調理に時間がかかるようになるため、調理に影響が出ることがあります。

フライパンが歪んだり、曲がったりしているものや持ち手がグラグラするようであれば、調理中にやけどする恐れもあるので注意が必要です。これらの基準を参考に、フライパンの状態を総合的に判断しましょう。

フライパンの処分なら「不用品なんでも回収団」へ!

フライパンの処分なら「不用品なんでも回収団」へ!
https://weddingshowcase.jp/

フライパンの処分方法について解説しました。

フライパンは、料理をする上では必需品ですが、フライパンに施されているコーティング加工の寿命があります。料理の際に使い勝手が悪くなった時や、新しいものを購入した時には、6つの処分方法の中から選択可能です。方法別のメリットやデメリットを理解して、費用なども考えた上で自分に合った方法をチョイスしてください。

もし、引っ越しの整理ついでにフライパンを処分したい時には、「不用品なんでも回収団」がおすすめ!不用になったフライパンはもちろん、家電や家具、その他の不用品もまとめて回収してくれます。

電話一本で家まで回収に来てくれますし、即日対応も可能です。

まずは無料のご相談とお見積もりからどうぞ!

フライパンやその他不用品の処分は、ぜひ「不用品なんでも回収団」にご相談ください。
>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団