断捨離のやり方!初心者でも簡単にできる片付けのコツや順番

断捨離のやり方を詳しく解説していきます。

コツや順番を知れば簡単にできますが、物が多い部屋を片付けたいと思っても、手当たり次第に片付けるだけでは断捨離は効率的に進みません。

また普段から片付けが苦手な方にとっては、断捨離をスムーズに進めるのは至難の業でしょう。

この記事では、断捨離を進めるうえで助かるコツや順番、初心者でも簡単にできるやり方をご紹介します。

「どこから断捨離を始めたらいいのか分からない」方は、ぜひ参考にしてください。

簡単にできる断捨離の基本的なやり方

簡単にできる断捨離の基本的なやり方

いざ断捨離を始めてみようと思っても、どこから手を付けるべきか分からず断念する方も。

断捨離を成功させるためには、基本的な手順を抑えておくことが必要不可欠です。

以下に簡単にできる断捨離の基本的なやり方について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

片付けるエリアを決める

初心者でも失敗しない断捨離の手順は、まず家全体を片付けようとせず、エリア別に片付けることです。

部屋別でもいいですし、自分なりにエリアを決めて「ここからここまで」と定め、その中のみ片付けます。

自分にとって取り組みやすい場所を選び、そこからスタートしましょう。

エリア内の全ての物を一箇所に広げる

断捨離するエリアを決めたら、次はそのエリア内にある物を全て一箇所に集めます。

この作業の目的は、エリア内にあるすべての物の量を把握し、不用品を見つけやすくすること。

散らかるように思えますが、すべての物を手に取り判断できるので、重複も分かり仕分けしやすくなります。

片付けるエリア内にスペースがあればいいですが、もしないならリビングなどの広い場所に広げましょう。

「必要」「不要」「保留」に仕分ける

目の前に広げたものを「必要」「不要」「保留」に仕分けていきます。

基準は人それぞれですが、明らかに壊れている物や長年使用していない物はためらわずに処分しましょう。

断捨離を行う際には、捨て過ぎにも注意が必要ですが、ある程度の割り切りの気持ちも大切

もしかしたら使うかもと思っても、実際1年以上使用しなかったならこの先も出番はないはずです。

色々考えると断捨離が進まないので、まずは「必要」「不要」「保留」を仕分けることだけに集中します。

絶対に必要なものとすぐに判断できないものだけを残し、後は処分するようにしてください。

「必要」なものをカテゴリー別に分ける

すべてを分け終えたら、「必要」だと判断したものをカテゴリー別に分けていきます。

保管する場所別で分けてもいいですし、使用頻度の順で分けていく方法もあり。

このカテゴリー分別は自分で決定できますが、家族の所有物に関しては本人の意見が大切です。

主に使用する人の動きを考えてカテゴリーを決めると、収納しやすく、散らかりにくくなるでしょう。

「必要」なものの定位置を決めて収納する

次は「必要」な物の収納に取り組みますが、この際に重要なのはすべての物に定位置を決めることです。

定位置があれば紛失する可能性も少なく、使用した後も同じ場所に戻せるので綺麗な状態を保てます。

大切なポイントは、よく使用する物は取り出しやすい場所に収納すること。

例えば、「必要」だと判断したお皿を食器棚に収納しても、日常的に使用しないなら邪魔になるだけ。

「必要」なお皿ですが、カテゴリーとしてはストック用で、食器棚ではなく収納棚に入れるべきでしょう。

よく使う物はよく使う場所に、あまり使わない物はあまり使わない場所に収納するのが鉄則です。

「不要」なものを分別して処分する

不要と判断したものは処分するため、捨てる方法を考えなければなりません。

処分方法には選択肢がありますが、処分したい物の状態によっても選択肢の幅は広がります。

どうにも使えず破損している物ならゴミ回収に出しますが、状態が良いなら売却することも可能。

需要があり売れそうなものなら、リサイクルショップやフリマで売却するのもよいでしょう。

また捨てるのは忍びないなら、寄付したり知人に譲る方法もあり。

家中の断捨離を決行した結果、あまりに多くの不用品があるなら不用品回収業者への依頼がおすすめです

不用品回収業者なら、様々な種類の不用品をまとめて回収してくれますし、即日対応も可。

不要な物をすぐに家から出したい方や断捨離をスムーズに進めたい方に向いている処分方法です。

評判が良い優良の不用品回収業者はこちら!

「保留」の処理方法を考える

「必要」なものを収納し、「不要」なものを処分したら、あとは「保留」のもののみです。

「保留」と分別したものは、今すぐに判断できないものですから、少し期間を置いてみましょう。

例えば、半年か1年と期間を定め、もう一度手にとってみて必要かどうか決めます。

その期間使用せず済んだのですから、大抵の場合は必要性を感じず、あっさり捨てることができるかもしれません。

ただ思い出深い物や記念品などは、捨てると後悔することも多いため無理に捨てようとしないでください。

断捨離の順番は?おすすめのやり方

断捨離が苦手な人におすすめのやり方

断捨離が苦手な人は、どこから片付けたらいいのかわからず、効率よく片付けが進みません。

初心者が断捨離を失敗しないためには、まず事前に片付けの順番を理解しておくことが必要でしょう。

ここからは、断捨離が苦手な初心者でも簡単にトライできる、おすすめのやり方を解説します。

ポーチやカバンの中身から始める

断捨離が苦手な方におすすめの方法は、まず小さなエリアから取り組んでみること。

ポーチやカバンなど、小さくて片付けやすいものからスタートして慣らしていきます。

ポーチの中なら使わなくなったリップクリームや化粧品、雑貨などを出してみて使用・不使用を分けます。

カバンには、必要のないレシート類や道端でもらったティッシュなど、意外に不用な物が溢れているかも。

よく使用するカバンやポーチは、気がつけば何カ月も整理していないこともあるので、いい練習台になるでしょう。

引き出しの中身などに範囲を広げる

小物類を片付けることができたら、今度は引き出しの中身などに範囲を広げてみましょう。

たとえば机の引き出しですが、物が多くて嫌にならないように、まずは引き出しの中身のみ仕分けます。

机の上や周りの物はひとまず置いておき、引き出しの中身を出して「必要」「不要」に分類してください。

不使用品や長年放置しているものは処分しやすいですが、判断に困る時は「保留」することも可能。

仕分けが終わったら引き出し内には、「必要」なものと「保留」の物だけが残り、すっきりします。

他の物と混じってしまうので、処分としたものはすぐにゴミにまとまてしまいましょう。

1つの部屋(エリア)を片付ける

一つ一つの引き出しや棚を整理できたら、次は1つの部屋全体にトライしてみてください。

一気に全部屋を断捨離しようとすると疲れてしまい失敗するので、1回1部屋ずつでも構いません。

キッチン・洗面所・寝室・書斎など、自分で順番を決めて取り組んでいきます。

おすすめなのは、使用頻度の低い部屋から断捨離を進めていく方法

通常の断捨離はよく使用するエリアから始めるのですが、苦手な場合はその逆もありです。

なぜなら家族皆が使用するキッチンや洗面所はそれだけ物も多く、自分以外の物もあり、片付けには時間が掛かります。

そこから取り掛かるのは、断捨離に慣れていない初心者には思ったより大変で、途中で挫折の可能性も。

寝室や書斎など、部屋の中でも比較的物が少ない場所から取り組んでみましょう。

家の中全体に範囲を広げる

それぞれの部屋の断捨離が済んだら、最後は家全体です。

共通部分であるリビングや階段周り、ベランダや玄関などに範囲を広げます。

比較的、共用部分にある物は不要品が多いと言われ、何年も使用していないものもあるはず。

家族の所有物や判断できないものは無理に捨てず、「保留」にしておくと失敗を防げます。

これらの段階をゆっくり自分のペースで進めれば、家全体の断捨離を完了させることができるでしょう。

スムーズに断捨離を進めるコツ

スムーズに断捨離を進めるコツ

スムーズに断捨離を進めるには幾つかのコツがあります。

いざ断捨離を始めても、片付けが苦手な方はなかなか作業が進まず、嫌になって断念する場合も。

ただ少し工夫して作業するだけで、断捨離は思ったよりスムーズに進みます。

実践しやすい具体的なコツを徹底的に解説!

回数を分けて無理せず片付ける

片付けが苦手な人ほど陥りやすいのが、一気に断捨離を終わらせてしまおうと無理すること。

とはいえ、ずっと片付けていない家であればあるほど、一度で断捨離を終わらせるのは困難です。

そのためスムーズに断捨離を進めるには、回数を分けて無理せずに片付けることを意識してください。

今回はここまで、次回はこの部屋だけなどと区切って進めるなら無理せず片付けていくことができます。

何日かおきに片付け日を設定してもいいですし、1日の中で何時間か区切って作業するのもよいでしょう。

断捨離の期間を定める

断捨離を効率よく進めるには、事前に作業の期間を設定しましょう。

できる時に作業するというスタンスだと、長い期間が掛かり、結局効率よく断捨離が進みません。

作業に入る前に、この1カ月で片付けるとか半年以内にすべての部屋の断捨離をするなど、具体的に決めてください。

何月から何月、細かく言えば何日までと細かくスケジュールを決めていれば、作業も段取りよくできます。

片付けを楽しめるよう工夫する

片付けを楽しく行うために、幾つかの方法でモチベーションアップを狙うのもおすすめ。

多くの方が実践しているのが、自分の好きな音楽を聴きながら作業することです。

好きなアーティストの曲を詰め込んだプレイリストをかけたり、テンションが上がる洋楽も効果的。

気持ちが高揚してやる気も上がり、作業のスピードアップにもつながるでしょう。

また、断捨離を終えた後の自分にご褒美を用意しておくのも、よい方法です。

好きなお菓子を食べる、好きな映画を見る、ご飯を食べに行くなど自分なりのご褒美を作るのです。

作業後にご褒美があると思うと、途中で片付けが嫌になっても最後まで頑張ることができるでしょう。

断捨離のメリットを今一度考える

途中で断念せずに作業を進めるためには、今一度断捨離のメリットを考えてみましょう。

なぜ一生懸命片付けているのか、その理由を再確認すれば、またやる気がみなぎってくる可能性も。

断捨離のメリットには以下のようなものがあります。

  • 自分の価値観を再確認できる
  • 無駄遣いが減る
  • 精神的に落ち着く
  • おうち時間が楽しくなる
  • 家事や片付けが楽になる
  • 運気アップを期待できる

自分にとって一番魅力があるメリットを思い浮かべ、断捨離を完了させるという願いを強めてください。

処分に迷ったらトランクルームを利用する

持ち物の中には、どうしても捨てることができない物もあるはずです。

大切なコレクションや故人との思い出の品など、必要ないと分かっていても簡単には割り切れない物です。

処分することに迷いを感じたなら、無理に処分せず、一旦は「保留」してみましょう。

処分するかどうか考える時間を多く取っていると、なかなか断捨離が進まないからです。

家の中に「保留」する物が多いと余計に散らかりますので、大量の場合はトランクルームの活用がおすすめ。

一時保管のために利用しますが、意外に時間が経つと必要かどうかが分かり処分もしやすくなります。

半年間保存、もしくは1年間保存して思い出さなかったら処分などと自分なりのルールを決めてください。

自分で手に負えなくなったら業者に依頼する

頑張ってはみたものの、セルフの断捨離に限界を感じたらプロの業者に依頼するにもおすすめ。

確実に断捨離を成功させることができる最終手段です。

片付けの代行業者はこの道のプロですので、片付けのノウハウも豊富で、とにかく作業が早いのが特徴。

自分では何日も何週間も掛かる断捨離作業を、約1日程度で終わらせてくれます。

料金が掛かるとはいえ、時間と体力の節約にもなりますし、プロの片付け方法から学ぶこともできます。

もし業者に依頼することを迷っているなら、得策として検討してみてください。

相場より安い費用で依頼できる片付け代行業者はこちら!

断捨離の不用品は「不用品なんでも回収団」にお任せ!

断捨離の不用品は「不用品なんでも回収団」にお任せ!
https://weddingshowcase.jp/

断捨離のコツと順番を詳しく解説しました。

物が多ければ多いほど難しい断捨離ですが、幾つかのコツと手順を抑えれば簡単に行うことができます。

初心者でも簡単にできる断捨離のやり方もありますので、初めての方はぜひ参考にしてください。

でももし作業継続に限界を感じたら、ためらわずにすぐ片付け業者に依頼することも忘れずに。

不用品なんでも回収団」は、あらゆる不用品の回収に加え、片付け代行も承るプロ業者です。

断捨離に取り組んではみたものの挫折しそうな方や、プロの片付けサポートが欲しい方はぜひ!

断捨離や片付けの相談・見積りは完全無料ですので、お気軽にご依頼ください。

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団