オタクの断捨離方法!推し活グッズの整理や趣味アイテムの片付けのコツ

本記事ではオタクの断捨離方法や各種グッズの片付けのコツを紹介しています。

オタクには断捨離は無理なのではないか?と悩まれる方も多いですが、コツをつかめばすっきりと快適な生活空間を手にすることは可能です。

本記事を参考にしつつ、ぜひ趣味のグッズやアイテムの断捨離を成功させましょう。

オタクの断捨離が難しい理由

オタクの断捨離が難しい理由

断捨離自体、もともと片付けが苦手な方からすると簡単なことではありません。

しかしオタクの断捨離は、さまざまな理由から、より達成することがむずかしいという声が上がってきます。

果たしてこれにはどのような理由があるのでしょうか?

まずはオタク断捨離の難しさについて解説します。

思い入れの強さと執着心

オタクにとって、推しグッズや趣味アイテムは単なるモノ以上の存在です。

特にイベントで手に入れたグッズや、友人とお揃いで購入したものには強い思い入れがあり、手放すのは簡単ではありません。

オタクにとって、推しは単なる好きな対象ではなく、自分自身のアイデンティティと深く結びついています。

推しへの愛着は自分の人生の一部となっており、それを手放すことは自分の大切な思い出や経験を失うことと同じように感じてしまいます。

こうした思い入れの強さと執着心が、オタクの断捨離を難しくしている主な理由と言えるでしょう。

収集癖とスペース不足の悪循環

オタクの断捨離が難しい理由の一つに、収集癖とスペース不足の悪循環があります。

推しグッズを集めることに喜びを感じ、必要以上に購入してしまう収集癖があると、あっという間に部屋がグッズであふれてしまいます。

結果、収納スペースが足りなくなり、整理整頓が困難になるのです。

 

不思議なことに、散らかった部屋を見るとさらにグッズを買い足して満足感を得ようとする心理が働き、収集癖に拍車がかかってしまいます。

こうして、収集癖とスペース不足が悪循環を生み出し、断捨離から遠ざかってしまうのです。

オタクグッズの断捨離を成功させる7つのコツ

オタクグッズの断捨離を成功させる7つのコツ

オタクグッズや推し活アイテムの断捨離を成功させるためのコツを7つ紹介します。

一気にやらず少しずつ進める

オタクグッズの断捨離は一気にやろうとすると途中で挫折しがちです。

長年集めてきた大切なグッズを手放すのは精神的にも大変な作業です。

オタクの断捨離は、一気にすべてを処分しようとするのではなく、少しずつ進めることが重要です。

 

まずは気持ちの整理から始め、推しグッズを大切にしたい度合いで優先順位をつけましょう。

そして高い優先順位のグッズから見直し、手放せそうなものから少しずつ断捨離を進めていきます。

焦らず時間をかけて、自分のペースで確実に片付けを進めることで、後悔することなく断捨離を成功させられます。

「手放す=悪」という思い込みを捨てる

オタクの多くは、推しやコンテンツへの愛着から、グッズを手放すことに強い抵抗を感じがちです。

しかし、それは「手放す=悪いこと」という誤った思い込みに過ぎません。

 

グッズを手放すことは、決して推しを裏切ったり愛着を失ったりすることではありません。

むしろ、不要なものを手放すことで、本当に大切なグッズへの思いを新たにでき、さらに楽しめるようになるのです。

 

断捨離は、ものへの執着を手放し、心の整理と生活の質の向上を目指す作業です。

オタクは、グッズへの愛着と手放すことの違いを理解し、思い込みから解放されることが大切なのです。

収納スペースに限りを設ける

オタクグッズの断捨離を成功させるには、収納スペースに限りを設けることが重要です。

無限に収納できる空間があれば、どんどんグッズを溜め込んでしまう傾向にあります。

そこで、収納スペースを限定することで、新しいグッズを購入する際に「これ以上は収まらない」と認識を改めることが大切です。

 

例えば、本棚やコレクションケースなどの収納家具を決めておき、それ以上の空間は作らないようにします。

また、クローゼットやベッド下の空きスペースにも限界を設けましょう。

収納スペースに限りがあることを意識することで、グッズの購入を控え、自然と断捨離が進むはずです。

類似アイテムは厳選する

オタクグッズの中には同じようなアイテムが複数あることがよくあります。

例えば、同じキャラクターのフィギュアやグッズが何種類もあったりします。

 

厳密にいうとそれぞれが全く違うもののため、ひとくくりに「類似品」として処分するのは難しいかもしれません。

ですが同じようなグッズを全て残すと、いつまでたっても部屋は片付けられません。

類似品の中から一番気に入ったものを残し、他は手放すなどの基準を決めましょう。

「とりあえず取っておく」をやめる

オタクグッズの断捨離で最も大切なことは、「とりあえず取っておく」という考え方をやめることです。

推しグッズや趣味のアイテムに対して強い思い入れがあるため、「二度と手に入らないかもしれない」と取っておきがちですが、その想いが片付けの手を止めてしまいます。

 

必要ないものは断捨離の対象と明確に区別し、思い切って手放すことが重要です。

客観的に物を見つめ直すことで、オタク部屋の片付けが進むのです。

心がときめかないものは手放す

オタクグッズの断捨離で最も大切なことは、本当に心からときめくものだけを残すことです。

近藤麻理恵さんの「片付けの魔法」でも提唱されている「ときめき」の概念は、オタク文化にもぴたりとはまる部分があるはずです。

 

推しへの思い入れが薄れたグッズや、当初の熱狂が冷めてしまったアイテムは手放しましょう。

思い入れがあるため、ワクワクしなくなったグッズを手放すことも簡単ではないはずです。

しかし断捨離はオタク活動を見直し、よりクオリティの高い推し活へとつながる良い機会なのです。

断捨離した後のビジョンを描く

オタクグッズの断捨離は、単に物を減らすだけが目的ではありません。

断捨離を通して、あなたが本当に望む生活スタイルを実現することが大切です。

そのためには、断捨離後の理想の生活をビジョンとして描くことが不可欠です。

 

例えば、「オタク活動に専念できる快適な空間を作りたい」「趣味の時間を確保しつつ、家事や仕事にも余裕を持ちたい」など。

あなた自身の価値観に基づいた将来像やビジョンを明確にしましょう。

 

断捨離の詳しい手順はこちらの記事も参考にしてください。

推し活・オタ活グッズの整理・収納方法

推し活・オタ活グッズの整理・収納方法

断捨離といっても、何もすべてのグッズを手放さなければならないということではありません。

上手に整理収納すれば、推し活もオタ活も存分に楽しみつつ、すっきりと快適な空間をつくることが可能です。

アイテム別の最適な収納方法

オタク活動で集めたグッズは種類が多岐にわたるため、一括りにして収納するのは難しいでしょう。

アイテムの種類に合わせて収納方法を変えることで、スペースを有効活用できます。

 

フィギュア:サイズや素材に合わせてケースに収納するのがおすすめです。コレクションラックなどを利用すれば、見せる収納も可能です。

アクリルスタンド:スタンドの高さに合わせて収納ボックスを選びましょう。横向きに収納できるボックスを使えば、スペースを有効活用できます。

ぬいぐるみ:大きさによって収納方法を変えましょう。小さいぬいぐるみはボックスやバスケットに入れて。大きいぬいぐるみは専用の不織布バッグに入れるのがおすすめです。

缶バッジ・トレカ:ポケット式のバインダーやクリアファイルに収納すると、スペースを取らずに整理できます。バインダーなら表紙のデザインを自作できるのも魅力です。

飾る・しまう・手放すを使い分ける

推し活やオタク活動で集めたグッズは、大切な思い出が詰まっています。

しかし、部屋が散らかり過ぎると生活に支障をきたします。

片づける際は、「飾る」「しまう」「手放す」を使い分けることが重要です。

 

飾るグッズは、見た目も大切にしたいアイテムを厳選して飾り棚に。

しまうグッズは、収納ボックスやファイルにきれいに整理。

手放すグッズは、思い切って処分するか売却するなどして、スッキリした空間を作りましょう。

ッズへの思い入れと生活の質のバランスを取ることが、オタクの断捨離のコツです。

定期的な見直しを習慣化する

オタク活動を続けていると、気づかないうちにグッズが溜まり続けてしまいます。

定期的にグッズを見直す習慣をつけることが大切です。

例えば、季節の変わり目や誕生日、記念日などのタイミングを活用して、グッズの整理を行うとよいでしょう。

 

一方で、思い入れの強いグッズは大切に保管します。

こうした定期的な見直しを続けることで、グッズの適正な量を維持し、快適な生活空間を保ち続けられるでしょう。

手放したグッズの処分方法

手放したグッズの処分方法

断捨離に伴い手放すこととなったグッズは、できるだけ有効に活用できる形で処分したいものです。

さまざまな処分方法がありますが、以下のような方法がおすすめです。

  • フリマアプリを活用する
  • 同じ推しのファン仲間に譲る
  • ブックオフやリサイクルショップに売却する
  • 思い切って捨てる(一般ゴミや不用品回収)

手放したグッズやアイテムを同じような趣味を持つ方が手にしてくれればうれしいというかたは、ぜひフリマなどを活用して売却することをおすすめします。

売却で得た収入があれば、また新たな推し活や生活の糧とすることもできます。

 

しかし時間をかけて処分すれば、それだけ執着心も芽生えてきてしまいます。

未練を断ち切る意味でもすぐに手放した方が良いと判断する場合は、思い切って処分してしまうのもアリです。

業者に頼むなんてとんでもない!と思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、一つひとつ仕分けや分別する必要がないため、思い出で手が止まってしまうことなく手放せるメリットがあります。

後ろを振り返らず一気に断捨離を進めたいかたは、不用品回収業者の活用も検討してみるとよいでしょう。

断捨離のお手伝いは「不用品なんでも回収団」おまかせ!

断捨離のお手伝いは「不用品なんでも回収団」おまかせ!
https://weddingshowcase.jp/

不用品なんでも回収団」は、心を込めた断捨離のお手伝いが可能な不用品回収業者です。

心を込めてグッズやアイテムをお引き取りします。

リーズナブルな費用で回収することはもちろん、親身になってお片付けのサポートも致します。

 

断捨離やお片付けのご相談や事前お見積りは完全無料!

お気軽にご依頼ください。

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団