引っ越しでいらなくなった洗濯機や冷蔵庫などの家電や不用品を処分する方法

本記事では引っ越しに伴い不用になった、洗濯機や冷蔵庫などの家電や不用品の処分方法について解説しています。

引っ越し時の不用品処分は、通常と異なるルールや問題が発生することもあります。

いざというときに慌てることがないよう、処分方法とあわせて注意点についても解説していますのでぜひ最後までご覧ください。

引っ越しで不要になった家電(冷蔵庫や洗濯機)の処分方法

引っ越しで不要になった家電(冷蔵庫や洗濯機)の処分方法

引っ越しに伴い不用になった家電製品などは、少量であれば自治体の粗大ゴミなどで回収処分が可能です。

しかし、以下のような家電製品(リサイクル家電)は、引っ越し時に限らず粗大ゴミに出すことはできません。

  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機
  • エアコン
  • テレビ

 

これらのリサイクル家電は、決められた施設(家電メーカーのリサイクル等)でリサイクル処分を行うことが義務付けられています。

いくつか処分方法を紹介しますので、状況にあった方法での処分を検討しましょう。

使えるものはリサイクル(再利用)

まだまだ使えそうなものの場合は、捨ててしまうのではなく再利用できる方法を検討しましょう。

年式の浅いものであれば、ある程度の査定額が付き、有料で買い取ってもらえる場合もあります。

冷蔵庫や洗濯機などの家電製品はリサイクルショップなどへの持ち込みが大変です。

出張買取業者などに相談し、自宅まで査定と回収に来てもらえるか相談するのがおすすめです。

そのほかにも、ジモティなどを利用してご近所の方に安価でお譲りする方法などもあります。

できるだけ自己負担を少なくするためにも、配送料など負担せずに済む形でのリサイクルが望ましいです。

引っ越し業者に回収できるか相談してみる

引っ越し業者の中には、冷蔵庫や洗濯機などのリサイクル家電の回収処分をしてくれるところがあります。

収集運搬費用とリサイクル料金がかかり、1台あたり8,000円~15,000円程度の費用が相場となります。

引っ越し作業のついでに回収処分してもらえるため、手間や引き取り時間の調整などが不要になるのがメリット。

ただしすべての引っ越し業者が、引き取り回収に対応しているわけではないため確認が必要です。

また引っ越し業者とは別の業者へ仲介となる場合もあり、仲介料を含めた費用が請求されることもあることを理解しておきましょう。

家電量販店等に回収処分を依頼

家電量販店各店でも、不要になった冷蔵庫や洗濯機などの家電製品の回収を行っています。

費用の目安は収集運搬料+リサイクル料金で、5,000円~10,000円程度が相場です。

ただし家電量販店によっては、同等品を購入した場合しか回収してもらえないケースがあるため確認が必要です。

また買い替えに伴う処分でも、購入品の届け先と不用品の回収先が異なる場合は対象外となるケースがほとんどです。

買い替えが条件となる場合は、どのタイミングで申し込むか慎重に検討し、日数に余裕をもって申し込むようにしましょう。

自治体の指定業者などに回収を依頼

冷蔵庫や洗濯機、テレビやエアコンといったリサイクル家電は、自治体の粗大ゴミとして排出できない品目に該当します。

そのため自治体では、ホームページなどで回収できる業者のアナウンスを行っています。

ほかの処分方法と同様「収集運搬料+リサイクル料金」の支払いが必要ですが、業者によって収取運搬料が異なります。

小規模事業者も多く、回収日時に融通が利かない場合もあるので、引っ越し日程が迫っている場合は余裕を持って依頼した方が安心です。

指定引取場所へ自ら運び込む

家電量販店や業者を利用した場合、家電リサイクル料以外にも「収集運搬料」が発生します。

しかし自ら指定引取場所まで運び込めば、収集運搬料をかけずに処分できます。

リサイクル料はどの手段を使っても必ずかかる費用ですので安くすることはできませんが、少しでも安くしたいのなら自力で運び込む方法もアリでしょう。

単身世帯向けの冷蔵庫や洗濯機などであれば、バンやワゴン車などに積み込んで持ち込むことも可能です。

指定引取場所はお住まいの地域によって異なります。

「一般財団法人家電製品協会 家電リサイクルセンター」のホームページでは、都道府県別指定引取場所リストが公開されています。

お近くの指定引取場所まで運び込み、リサイクル料を支払って処分しましょう。

引っ越しで家電や不用品を処分する際の注意点

引っ越しで家電や不用品を処分する際の注意点

引っ越しで冷蔵庫や洗濯機などの家電や不用品を処分する際は、いくつか注意すべき点があります。

回収日時に注意が必要

引っ越しに伴う不用品回収では、引越し日に間に合うような日程で回収してもらう必要があります。

混雑時などは、引越し予定日以降にしか回収できないなどのトラブルが起きやすいため、余裕をもって回収予約をすることが大切です。

回収する事業者やサービスによっては路上の混雑などを避けるため、「引っ越し当日の回収」を敬遠されてしまう場合もあります。

冷蔵庫や洗濯機が運び出せないために、退去の手続きが完了しないといった事態が発生する場合もあるため、回収日時については計画的に進めることが大切です。

室内からの運び出しに対応してもらえるかも確認

冷蔵庫や洗濯機などは重量物となるため、回収作業員が室内から運び出してくれるのが通常です。

しかしまれに「運び出しには対応していない」業者や、「洗濯機の取り外しは作業外」という業者もあるため注意が必要です。

回収依頼をする際は、念のため室内からの運び出しや取外しなども行ってもらえるか確認しましょう。

家電リサイクル券の控えは必ず受け取る

冷蔵庫や洗濯機といったリサイクル家電を回収処分する際は、収集運搬料だけでなくリサイクル料の支払いが必要です。

家電リサイクル料金は、メーカーや型(大きさ)によって異なりますが、回収業者によって異なることはありません。

品目 容量 リサイクル料
冷蔵庫 170L以下 3,672円~
171L以上 4,644円~
洗濯機 2,484円~

リサイクル家電の回収を行った際、控えが渡されますので必ず受け取ってください。

控えがあると、引き渡した家電が適切にリサイクルされたか、後から確認することができます。

依頼者が不法投棄を行っていない証明にもなりますので、必ず受け取り保管しておきましょう。

 

引っ越し時の家電処分におすすめなのは「不用品回収業者」

引っ越し時の家電処分におすすめなのは「不用品回収業者」

洗濯機や冷蔵庫などのリサイクル家電や不用品処分には、さまざまなな方法が選択肢としてあります。

しかし引っ越しの場合は、不用品回収業者に依頼するのが最もおすすめの方法です。

なぜ不用品回収業者がおすすめなのか、その理由を説明します。

日時の指定がスムーズ

不用品回収業者では、比較的柔軟に回収日時の指定ができます。

地域を巡回しているトラックなどがある場合には、最短即日に回収できる場合も。

また他の方法で回収する場合、一度日程の変更を行うと後日改めて予約を取り直さなければならないこともあります。

その点においても、不用品回収業者であれば柔軟に対応してくれることが多いため安心です。

手続きが簡単で手間が少ない

家電量販店などに回収依頼をする場合、「店頭まで受付に来てください」といわれる場合もあります。

これは店頭で書類を作成し、事前に料金を支払うために必要となる手続きです。

その点、不用品回収業者に依頼すれば、電話1本で回収に来てもらうことができます。

リサイクル券の書類に住所や氏名などを記載する必要はありますが、面倒な手続きや店頭まで足を運ぶ必要がないため手軽に依頼できます。

種類の異なる不用品も同時に回収してもらえる

家電量販店や自治体指定の業者の場合、回収してもらえるのは家電製品単品が基本です。

家電量販店で冷蔵庫と洗濯機の両方を回収依頼した場合、それぞれ別の業者が手配されるケースもあります。

その点、不用品回収業者に任せると、冷蔵庫や洗濯機の同時回収はもちろんのこと、引っ越しでいらなくなった不用品すべてを同時に回収してもらうこともできます。

手間が省けるだけでなく、回収に時間の短縮にもつながるなどのメリットもあります。

複数の不用品をまとめてオトクに処分可能

不用品回収業者には、作業費や出張費、車両費や処分費などがすべてプラン内に含まれている、オトクな「定額パックプラン」などもあります。

単品回収にかかる費用とほぼ同じ程度の料金で、軽トラックにのせられるだけの不用品を回収してもらえたりもするのです。

引っ越しで複数の家電や不用品の処分が必要となる場合は、とてもオトクで便利なプランなのでおすすめです。

引っ越し時の家電の処分は不用品なんでも回収団へ!

引っ越し時の家電の処分は不用品なんでも回収団へ
https://weddingshowcase.jp/

不用品なんでも回収団は、冷蔵庫や洗濯機、テレビやエアコンなどのリサイクル家電の回収も行っております。

引っ越しに伴う大量の不用品回収はもちろん、自治体の粗大ゴミに出せないような品もお引き受け可能です。

運び出しなどの作業はすべて当社スタッフが対応!お引越しの日時にあわせて柔軟に回収にうかがいます。

 

もちろんお見積りや相談は無料ですので遠慮なくご連絡ください。

引っ越しに伴う家電や不用品の処分なら、不用品なんでも回収団におまかせください。

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団