部屋を片付けてもすぐちらかる理由!原因解説と散らかりにくくする対策

本記事では部屋を片付けてもすぐ散らかる理由や、散らからないようにするための工夫と対策を紹介しています。

日ごろから片付けを意識しているのになぜか散らかってしまうというかた、すぐに散らかる部屋を何とかしたいというかたなど。

参考になるポイントが盛りだくさんですので、ぜひチェックしてみて下さい。

部屋を片付けてもすぐ散らかる主な理由

部屋を片付けてもすぐ散らかる主な理由

こまめに部屋を片付けているはずなのに、すぐに散らかってしまうことがあります。

片付け後に再びものが散乱してしまうのには、大きく分けて3つの理由があります。

  • 片付けの習慣や片付けに対する意識の問題
  • 忙しさやストレス・心因的要件による影響
  • 収納場所や片付け動線、仕組みの問題

どれか一つの理由でも一気に散らかってしまうこともありますし、複数重なることで気づくと散らかっているというケースもあります。

普段から「片付けても散らかってしまう」ことが多いというかたは、自身が苦手とするポイントや散らかる要因となっているポイントを知ることが大切です。

まずは具体的にどのような要因や問題があるか、詳しく解説していきます。

片付けの習慣や片付けに対する意識の問題

片づけの習慣や片付けに対する意識の問題

そもそも片付けに対する意識や習慣が弱い場合、自然と部屋は散らかりやすい傾向にあります。

使った物の片付けを後回しにしてしまう

片付けるのを面倒がり後回しにしてしまうことが多くなると、部屋はあっという間に散らかってしまいます。

収納場所がちゃんと決まっている状態でも、使ったあとで物をしまう習慣がなければ当然片付きません。

出したものはすぐにしまう、帰宅したときは床に物を置かないようにするなど、日ごろの意識付けができていない場合は、すぐに散らかってしまうでしょう。

本人に片付けの意思があっても、家族の協力がないと難しい場合もあります。

小さなお子さんのいるご家庭なども、これに該当します。

片付けのやり方がよくわかっていない

整理収納に関する知識が少なく、なんとなく片付けているつもりになっている場合もあります。

適切な片付けができていないため、あっという間に収納がパンパンになってしまったり、物を収納する場所がなくなったりしてしまうのです。

「整理整頓」ができていないため、必要なときに必要な物が見つからず、収納場所をひっくり返すような形で探さなければならないことも。

結果として片付けた場所も、すぐに荒れてしまうこととなるのです。

片付け自体が苦手という人も

もともと整理整頓や収納、片付け自体苦手なタイプのかたもいます。

性格的なことだけでなく、発達障害などの影響により、段取りよく片付けることや片付いた状態を維持するのが得意ではないという人もいるのです。

散らかっている状態でもなかなか意識が向かず、気が付いたころには部屋がぐちゃぐちゃになってしまっていたという人も少なからずいます。

決してだらしないからそうなるというわけではないため、このようなケースにおいては、なんらかの対策が必要です。

忙しさやストレス・心因的要件による影響

忙しさやストレス、心因的要件による影響

生活リズムや日常生活からの影響により、片付けてもその状態を維持できないケースもあります。

忙しくて片付ける時間が作れない

日々の仕事や家事育児に忙しく、物理的に片付けにかけられる時間が少ないという人もいます。

忙しさのあまり片付ける気力がなく、帰宅後は食事や入浴をすませて寝るだけという人も。

せっかく片付けても、同じ生活を送る毎日のため、気を緩めるとあっという間に散らかってしまいます。

ストレスの多い生活で片付けが億劫に

ストレスが多く気力の持たない生活が続くと、身の回りのことや部屋の片付けに労力をかけられなくなることもあります。

普段はなんてことない整理収納作業も、強いストレスを感じている状態だとその動作自体がとてつもなく億劫でしんどいことのように感じてしまうのです。

ストレスなどから心身症やうつ病を発症してしまっている場合にも、同様に片付けがうまくいかないこともあります。

物が手放せない・溜め込んでしまう

心疾患・精神疾患などが原因で、物が処分できなくなってしまうケースもあります。

必要以上に物を購入してしまう、手放すことに不安や罪悪感を覚えてしまうなど、極度の強迫観念から物を処分できなくなってしまうことも。

ただし他人目線で「散らかっている」と感じられる状態でも、本人はその状態を問題視していない場合があります。

自身で片付けることが困難な状況となる場合もありますので、第三者による定期的な片付けなど、外部のサポートを必要とすることもあるでしょう。

収納場所や片付け動線・仕組みの問題

収納場所や片付け動線、仕組みの問題

収納場所や片付け動線がうまくいっていない場合も、すぐに散らかる原因となる場合があります。

日ごろからちゃんと片付けているはずなのになぜか散らかるという場合は、これらの要因が強い可能性尾もございます。

物を置く場所や収納場所が定まっていない

そもそも物の置き場所や収納場所が決まっていないものは行き場がないため、出しっぱなしになる傾向が強いです。

手に取った時点ですぐに戻せる場所があればよいですが、そうでない場合はどうしても「後で片付けよう」と思い、結局そのままに。

いざ片付けようと思っても行き場のない荷物は、収納などに収まりきらずあふれてしまいます。

結果、床の上やテーブルの上、棚の上などにものが溢れ、積み重なり、どんどん散らかっていくのです。

収納場所に対して物の量が多すぎる

収納場所や収納スペースよりもたくさんのものがあれば、そこに収めることはできません。

溢れたものはその周辺に積み重ねるなど、置きっぱなしになってしまうでしょう。

収納場所に限りがある場合には、収納したいものの量が適正か確認することが大切です。

収まりきらない量の物を所有している場合には、減量もしくは収納場所の見直しが必要になります。

元に戻しづらい状態になっている

収納場所が不便だったり、使い勝手が悪い場所に物をしまってしまうと、片付けても散らかりやすくなります。

物が取り出しにくくしまいにくい状態にあると、片付けるのも億劫に感じてしまいがち。

また片付けるまでの動作に複数のステップがある場合にも、散らかりやすくなる原因に。

「扉を開けてその中にある箱を出し、ふたを開けて分類別の袋に入れる…」というよりは、「扉を開けてポンとおける収納」の方が手軽で片付けやすいのは一目瞭然です。

しまうときに手間がかかる場所になっていないか、見直すことも大切です。

部屋がすぐに散らからないようにするための対策

部屋がすぐに散らからないようにするための対策

問題を解決するには散らかる要因をなくすことも大切ですが、収納場所や片付け動線の工夫などの対策の方が取り組みやすくおすすめです。

部屋がすぐに散らかってしまうのを防ぐには、より簡単に片付けられるよう収納や片付け動線の見直しをするのがベストです。

生活習慣や心身的な理由により散らかりやすくなる場合でも、片付けやすくしてあげることである程度カバーできます。

収納の最適化をめざす

なんとなく物をしまっているだけという場合は、収納場所や収納スペースを適正な状態にしてあげることで片付けやすさがアップします。

収納を増やすことを考えるより、今ある収納スペースに対して多すぎる量の物を処分することを優先することがとても大切です。

新たにものを増やす場合は、古いものを処分するなど検討も必要でしょう。

片付け動線を整えてあげる

見た目に整った収納はとても美しく、見ていても気分がよいです。

しかしそれを実現するために、手間や時間がかかってしまう場合は要注意。

気分がよい時や余裕があるときは問題なく片付けられますが、疲れているときやしんどい時は億劫に感じてしまうでしょう。

片付けまでの動作はできるだけ少なくするのが、散らかりにくくするポイントです。

片付けの際は「ポンと入れるだけでOKな収納」など、少ないステップで手軽に片付けられる収納を目指すことをおすすめします。

悩まず収納できる工夫やルール決めを行う

「収納場所が一目で判断できるようラベリングする」「下着や寝間着は脱衣所に収納」など、ちょっとしたひと手間や工夫で、普段の部屋の片付けを格段に楽にできます。

収納エリアの整備やボックス収納などを工夫すれば、小さな子でもある程度片付けられるようにもなることも。

また処分するためのルールなどもある程度決めておくと、余計なものをため込まずに済むのでおすすめです。

「1年着なかった衣類は処分する」「DMは部屋に持ち込まず玄関で処分」など、処分のタイミングや散らかさず物を処分できるようなルールや習慣をつくっておくこともおすすめです。

定期的に片付けサービスを活用する対策もあり

定期的に片付けサービスを活用するのもあり

それでもすぐに部屋が散らかってしまうという人や、忙しくて片付けに欠ける時間が圧倒的に少ない場合は、片付けサービスなどを活用するのもおすすめです。

ストレスや疾患などにより、片付ける気力や体力がないという場合にも最適。

片付けサービスにもいろいろあるので、利用しやすいものを活用するとよいでしょう。

  • 整理収納アドバイス(片付けの手伝い・アドバイスがメイン)
  • 便利屋(時間制、不用品処分別途有料)
  • 部屋片付け代行(片付けサービス×不用品処分)
  • 不用品回収業者(片付けサービス×不用品処分)

 

これらの中でもっとも気軽に活用できるのは、不用品回収業者による片付けサービスです。

不用品回収業者に依頼すれば、散らかった部屋の片付けもほんの数十分で完了。

片付けに伴って出た不用品やゴミなども、そのまま回収してもらえます。

ゴミ屋敷片付けや部屋片付け代行サービスと比較すると、費用もずっとリーズナブル。

整理収納アドバイザー在籍の会社に相談すれば、片付けのアドバイスなどが受けられる場合もありおすすめです。

片付けてもすぐに散らかるなら不用品なんでも回収団へ相談!

片付けてもすぐに散らかるなら不用品なんでも回収団へ相談!
https://weddingshowcase.jp/

不用品なんでも回収団は、片付けにも対応可能な不用品回収業者です。

仕分けや分別、運び出しもすべてお任せOKですので、片付けに対するハードルがぐっと下がります

どんな量の物があっても対応可能!

プライバシーも十分配慮して片付けますので、安心してご相談いただけます。

整理のプロフェッショナルならではの片付けテクで、散らかりにくいお部屋作りを目指しませんか?

 

片付けてもすぐに散らかるお部屋の悩み、不用品なんでも回収団におまかせください。

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団