実家がゴミ屋敷になっていた!片付けのコツと家族の説得方法を解説

この記事では、実家がゴミ屋敷になっていた場合の片付けのコツや家族の説得方法を紹介します。

久々に帰ってきた実家がゴミ屋敷になっていると、あらゆる面で心配が出てきます。

そこに住む家族に少しでもよい暮らしをしてもらうためにも、説得をして片付けるしかありません。

ゴミ屋敷を放置するリスクや片付けの手段も解説するため、ぜひ参考にしてください。

なぜ実家が片付けられずゴミ屋敷になる?

なぜ実家が片付けられずゴミ屋敷になる?

しばらく離れていた実家に戻るとゴミ屋敷になっていた、実はこうした経験を持つ方は少なくありません。

特に実家で親だけが残って生活をしている場合、久しぶりに戻ってみるとゴミ屋敷化していたケースも多いのです。

なぜ片付けられずにゴミ屋敷となってしまうのか、以下の理由が考えられます。

体力低下で片付けができない

子供が実家を出ていくと、残って生活を続けるのは親だけになります。

高齢になるにつれて体力低下が著しくなるため、ちょっとした力仕事でもこなすのが難しくなるのです。

そうなると、今まで問題なくできていた掃除機がけや洗濯物干し、食器洗いやゴミ捨てを行うのも億劫になって部屋が散らかります。

片付けなければいけないと分かっていても、日に日に溜まっていく衣服やゴミを見ていると余計に動く気力もなくなって、最終的にゴミ屋敷になってしまいます。

身体面はもちろん、体力低下は精神面にも少なからず影響を与えてしまうのです。

判断能力の低下

親が高齢である場合は、判断能力が低下してゴミとそうでないものの区別が付かなくなっているケースもあります。

こうした判断能力の低下は認知症やうつといった症状が原因で、ゴミの区別が付けられなくなる他にも、同じような物を何度も買ってしまう人もいます。

何より自分自身や身の回りを客観的に見られないため、家がゴミ屋敷になっていてもそれに気づくことができなくなるのです。

このように心理的要因でゴミ屋敷になった家を掃除しようとすると、何で片付けるんだと逆に怒られてしまうこともあります。

孤独感の強さ

一人で暮らしていると、孤独感が強まって中々物を捨てられなくなる人も多いです。

これによってゴミも次々と溜まってしまい、結果的にゴミ屋敷と呼ばれるレベルにまでなってしまいます。

孤独感を薄めるために物への依存を強めるようになるため、ゴミを捨てられなくなるだけではなく、不要な物をたくさん買ってしまう人もいます。

親が一人で実家に住んでいる場合は、定期的に連絡して孤独感を解消してあげることでゴミが溜まり続けるのを防げるかもしれません。

実家を片付けずにゴミ屋敷のまま放置するリスク

実家を片付けずにゴミ屋敷のまま放置するリスク

実家をゴミ屋敷のまま放置するのには、さまざまなリスクがあります。

いずれのリスクもそこに住む家族にとっては悪影響のものでしかないため、早急に片付けなければなりません。

代表的なリスクを3つ紹介します。

健康被害

ゴミ屋敷のリスクの中でも特に深刻なのは、この健康被害です。

ゴミで埋め尽くされたスペースには、そのゴミや湿気を餌に寄ってくる害虫もいます。

これら害虫の死骸やフンからはアレルギー成分が空気中へ散布されて、換気もしていない空間だと人間がそれを直に吸い込んでしまいます。

その結果、気管支炎や喘息といったアレルギー由来の病気を発症してしまい、身体を壊してしまうのです。

中にはアナフィラキシーショックを起こして死亡するケースもあるため、アレルギーの発症には注意しなければなりません。

親が一人でゴミ屋敷に住んでいる場合、こうしたアレルギー症状によって孤独死する状況も想定できてしまいます。

また、アレルギー症状だけでなく空気中の粉塵や屋内の汚れが付着した食べ物を口にすることで食中毒になる恐れもあります。

ゴミ屋敷にはあらゆる健康被害のリスクが潜んでいるため、命を守るためにも掃除が必要です。

周辺住民への被害

ゴミ屋敷は生ゴミや害虫、そして湿気によってひどい悪臭を放つのも大きな問題です。

この悪臭は屋内にこもるだけではなく、ひどい場合は窓を締め切っていても隙間から漏れ出して周辺へと広がります。

そうなると周辺住民にも悪臭被害がおよぶため、苦情やクレームを入れられてしまいます。

ゴミ屋敷の臭いは、そこに住み続けている人ほど感覚が麻痺して悪臭だと気付きづらいものです。

苦情が寄せられてからでは対応としても遅いため、実家に久々に戻ってきた家族が気づいた時点で早めに対処しなければなりません。

周辺住民との関係性が悪くなってしまうと、余計に住みづらさを感じてしまいます。

家の中だけでなく、周囲の環境も整えられることが望ましいです。

火災・転倒のリスク

ゴミ屋敷では火災や転倒のリスクにも気をつけなければなりません。

コンセントから出た火花が周囲のほこりやゴミに引火すると、ゴミが床に広がっているゴミ屋敷ではあっという間に火が燃え広がります

また、足の踏み場もないほどに散らかっているとまともに歩くことができず、転倒して怪我をする恐れも十分にあります。

このようなリスクと常に隣り合わせでは落ち着いて生活することもできないため、早急な片付けが必要です。

ゴミ屋敷の実家の親を説得して片付けてもらう方法

ゴミ屋敷の実家の親を説得して片付けてもらう方法

ゴミ屋敷になった実家を片付けるには、そこに住む親の説得が必要です。

高齢で判断能力が低下している場合、頑なに家の掃除を反対されるケースもあります。

しかし、その気持ちに負けてゴミ屋敷の解消を諦めてしまうのはさまざまなリスク上よろしくありません。

以下のポイントを押さえて説得して、何とかゴミ屋敷を片付ける気持ちになってもらいましょう。

ゴミ屋敷での生活リスクを伝える

ゴミ屋敷にはどんなデメリットがあるのか、さまざまな観点から生活リスクを伝えましょう。

健康被害はもちろん、周辺住民への影響や火事の危険性など、とにかくゴミ屋敷にはあらゆるリスクが潜んでいます。

ゴミ屋敷に住み続けることは身体にも心にも悪影響だということを伝えて、そこに住むことに危機感を抱いてもらえば親も説得に応じやすいです。

本音を聞き出して協力する姿勢を示す

物を捨てられなくなっている、孤独感があるなどの精神的な原因でゴミ屋敷が生まれています。

そのため、何でも頭ごなしに否定されると自分自身も否定されている気分となり、ますます説得に応じてもらえない場合もあります。

ここに至るまでにどんな心境の変化があったのか、今後どうしていきたいと思っているのか、まずは親から本音を聞き出すことが大切です。

本音を聞き出した上で協力する姿勢を示し、事態を好転させるためにゴミ屋敷を綺麗にする所から始めようと伝えれば、親も掃除に前向きな気持ちになってくれるかもしれません。

環境が変わるタイミングで伝えてみる

親自身や実家に関する環境が何かしら変わる場合、そのタイミングでゴミ屋敷の掃除を切り出してみるのもおすすめです。

たとえば親がデイサービスに通うことになり、スタッフが毎日迎えに来る状況ができる場合、他人が家に上がることになるため掃除をしないかと提案してみましょう。

今の家の状態では人を呼ぶのが難しいことを遠回しに伝えて、片付けの必要性を感じてもらうのが大切です。

他には足を痛めて歩くのが辛い、病気が深刻化した場合などに、安静に住める家にするから片付けさせてほしいと説得してみると納得してもらいやすくなります。

説得後は掃除!ゴミ屋敷を片付けて綺麗な実家に戻すコツ

説得後は掃除!ゴミ屋敷を片付けて綺麗な実家に戻すコツ

家族を無事に説得できたら、いよいよゴミ屋敷の片付けです。

ゴミ屋敷は通常の家の掃除に比べて時間も労力もかかりますが、少しでもコツを掴めればスムーズに片付けられます。

以下のコツを意識して掃除に取り掛かり、綺麗な実家を取り戻しましょう。

可能な範囲は自力で片付ける

まず、可能な範囲は自分達の力で片付けていきましょう

部屋中に散乱している食べ残しなどの生ゴミや、細々とした可燃物などは燃えるゴミの袋を使って回収します。

ゴミ屋敷のレベルにもよりますが、素足で作業すると足を怪我する恐れもあるため、靴を履いて行うのが一般的です。

床が見えないほどゴミが積み重なっている場合は、足の踏み場を作って作業しやすい環境を最初に整えます。

また、作業する人が屋内の粉塵を吸って体調を崩さないよう、極力窓を開けて換気しながらの作業が大切です。

窓を開ける場合は周囲の家に悪臭が広がらないよう、開ける場所や時間帯なども考えた上で実行しましょう。

自力でゴミ屋敷を片付ける方法はこちら!

自力作業が困難なら片付け業者に依頼

軽いゴミは対処できても、大きな家具を処分したり、水まわりや悪臭漂う場所は自力での作業が困難な場合もあります。

その場合は、片付け業者に依頼して掃除をしに来てもらいましょう

片付け業者はゴミの処分にも対応している所が多いため、家具などの大きな不用品もまとめて処分してもらえます。

片付け業者に依頼すれば、自力に比べて時間も労力も大幅に削減できるため、迅速にゴミ屋敷を解消したい方にはおすすめです。

ゴミ屋敷片付けにおすすめの優良片付け業者はこちら!

ゴミ屋敷片付け作業は「不用品なんでも回収団」まで!

ゴミ屋敷片付け作業は「不用品なんでも回収団」まで!

ゴミ屋敷の片付けで業者への依頼を悩んでいる方は「不用品なんでも回収団」におまかせください。

不用品回収のプロチームとして、自宅まで迅速に不用品回収に伺います。

面倒な分別や運び出しも不要で、ゴミ屋敷への回収にも対応可能です。

不用品回収だけでなく、ゴミ屋敷の片付けサービスも展開しており、以前の生活ができる快適な自宅を取り戻すお手伝いをいたします。

掃除に伴う異臭や騒音対策も徹底した上で作業するため、周囲の目が気になる方でもご安心ください。

再利用できる品目があれば買取も可能なため、依頼にかかる負担の軽減にもつながります。

対応エリアには迅速に訪問・見積もりの上、即日作業も可能です。

ゴミ屋敷をなんとかしたい、そう思い立ったら「不用品なんでも回収団」へのご連絡をお待ちしています。

>>>不用品なんでも回収団への無料お見積りはこちら!

不用品なんでも回収団